精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - EMS製造とは

PCBブログ

PCBブログ - EMS製造とは

EMS製造とは

2024-06-11
View:105
Author:iPCB

EMS製造業は、電子製品ブランドの所有者に製造、購入、局所設計、物流などの一連のサービスを提供する新興業界である。

EMS社は、製品設計とOEM生産のみを提供する従来のOEMまたはODMサービスに比べて、材料管理、物流、輸送、さらには製品メンテナンスサービスなどの知識と管理サービスを提供しています。

実際、生産過程は多くの過程と一環に関連している。EMSは製品開発と製品生産を含むフルラインサービスであり、もちろん製品調達、製品品質管理、輸送物流も含まれています。一般的に、EMSには上記のすべてが含まれています。しかし、私たちが始めたとき、私たちはプロセス全体を開始することはできません。そのため、私たちは主に顧客の加工部分の処理を支援しているので、私たちは生産部分、いわゆるODM(原設備製造)だけを担当しています。その後、ODM(Original Design Manufacture)と呼ばれる製品開発と設計作業を支援できるようになりました。

つまり、OEMに比べてODMは新しい要素を追加しています。ODMやOEMのほか、EMSは現在物流の一部を担当しており、お客様の販売を支援することもできます。これは汎用EMSです。

EMS製造産業チェーン全景

電子製造サービス業の上流には、主に電子デバイスの供給、集積回路、プリント基板、トランジスタなどの原材料、中流は電子製造サービス、原材料調達、製品組立、倉庫保管、物流、下流のアプリケーションシーンでは、電子製品ブランド、通信基地局、データセンター、および新エネルギー分野に代表される。

EMS製造

EMS製造


EMS製造業の発展現状分析

EMSのラインプロセスは、複数の重要なステップに関連する精密で複雑なプロセスです。まず、EMS鋳造会社は顧客から提供された設計書類に基づいて工事の審査と設計検証を行い、製品の製造性を確保し、顧客のニーズに応える。次に、部品調達を行い、信頼できるサプライヤーから必要な電子部品や材料を入手します。部品の準備が整い次第、EMS鋳造会社は製造段階に入る。これには、表面実装技術(SMT)や貫通孔技術(DIP)などの製造プロセスが含まれる。SMT技術は微小な電子部品をプリント基板に正確に溶接するために用いられ、DIP技術はプラグインや他の部品を溶接するために用いられる。製造過程では、製品が品質基準に合致することを確保するために、厳格な品質管理と製品テストを行う必要があります。製造が完了すると、EMS鋳造会社は製品の組み立て、テスト、包装を行います。これには、製品の機能テスト、外観検査、品質検証、顧客の要求に応じた包装、市場への納入準備が含まれます。

EMS製造市場の分布、規模、構造

インテリジェント製造アプリケーションの台頭に伴い、電子情報製造業のインテリジェント化への発展を牽引している。同時に、電子製品の需要の市場空間はますます大きくなっている。電子製造サービス(EMS)は、電子業界の新たな生産モデルとして、世界的に普及し始めており、全体の市場規模は上昇傾向にある。

北京燕京必智情報コンサルティングが発表した分析報告書によると、2021年の世界電子製造サービス(EMS)業界の市場規模は4900億ドル近くで、前年同期比約450億ドル増加し、前年同期比約10.1%増加した。2022年末現在、電子製造サービス(EMS)市場の全体規模は5000億ドルを超え、約5250億ドルに達し、2021年より約350億ドル増加し、前年同期比約7.1%増加した。

世界の各地域の発展を見ると、グローバル電子製造サービス業は現在、米国などの先進国からアジア太平洋などの新興国への移転段階を経験している。業界内企業の売上規模を見ると、2021年末現在、アジア太平洋地域の電子製造サービス会社の売上高は世界市場規模の70%を占めているが、米国をはじめとする米国は20%前後にすぎない。近年、アジア太平洋地域をはじめとする地域は経済のモデルチェンジと高度化に直面し、成長し続ける市場需要が同地域の安定した発展を刺激している。電子製造サービス業にとって、下流端末市場の発展は業界に新たな発展のチャンスをもたらすだろう。

近年、世界のEMS業界の発展速度は相対的に速い。市場構造から見ると、消費電子製品は現在最大の細分化市場である。最新の市場研究データによると、2021年の世界EMS市場における消費電子製品のシェアは約40%だった。次に通信と輸送で、市場シェアはそれぞれ約33%と10%だった。グローバルなデジタル化プロセスの加速に伴い、医療、ビッグデータ、新エネルギーなどの業界におけるEMSの応用を効果的に牽引し、将来のEMS市場構造が徐々に変化すると初歩的に予測する。

以上、ems製造についてご紹介しました。