精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBA技術

PCBA技術 - SMTとは?

PCBA技術

PCBA技術 - SMTとは?

SMTとは?

2021-08-06
View:1107
Author:smter

SMTとは?SMT SMDとはPCB加工に基づく一連の技術プロセスの略であり、表面実装技術(surface mounted technology)(表面実装技術と略称する)であり、電子組立業界で最もポピュラーな技術とプロセスである。


通常、私たちが使用している電子製品はPCBに各種コンデンサ、抵抗器、その他の電子部品を加えて設計された回路図に基づいて設計されているため、各種の電気製品は各種smtチップ処理技術を必要としています。


SMTとは

プロセス

ペースト印刷-->部品配置-->リフロー溶接-->AOI光学検査-->メンテナンス-->サブプレート。


smtチップ加工の利点:電子製品の組立密度が高く、体積が小さく、重量が軽い。回路基板素子の体積と重量は従来のプラグイン素子の1/10程度である。通常、SMTを採用した後、電子製品の体積は40%〜60%減少し、重量は60%〜80%減少した。信頼性が高く、耐振能力が高い。溶接点の欠陥率は低い。良好な高周波特性。電磁及び無線周波数干渉を低減する。自動化が容易で、生産性が向上します。コストを30%~ 50%削減します。材料、エネルギー、設備、人力、時間などを節約する。


SMD加工プロセスの複雑さゆえに、SMD加工に特化したSMD加工工場が数多く登場している。深センでは、盛んに発展している電子産業のおかげで、SMD加工は産業の繁栄を実現した。


SMT基本プロセスコンポーネントには、スクリーン印刷(またはディスペンサー)、配置(硬化)、リフロー溶接、クリーニング、テスト、メンテナンス

1.スクリーン:その作用は半田ペーストまたはパッチペーストをPCBパッドに漏洩させ、素子の溶接の準備をすることである。

2.ディスペンサー:PCB基板の固定位置に接着剤を滴下し、その主な機能は素子を回路基板に固定することである。

3.インストール:表面実装コンポーネントをPCBの固定位置に正確にインストールする機能です。

4.硬化:その作用はパッチ接着剤を溶解し、表面組立部品とPCB板を強固に結合させることである。

5.リフロー溶接:表面組立部品とPCB板を強固に結合させるために、ペーストを溶融させるのが役割です。

6.クリーニング:その作用は組み立てられたPCB板上の人体に有害なフラックスなどの半田残留物を除去することである。

7.検査:その機能は組み立てられたPCB板の溶接品質と組み立て品質を検査することである。使用する装置は、拡大鏡、顕微鏡、オンラインテスター(ICT)、飛行プローブテスター、自動光学検出器(AOI)、X線検出システム、機能テスターなどを含む。

8.再加工:故障を検出できなかったPCBボードを再加工する機能。使用されているツールは、アイロン、リワークステーションなどです。生産ライン上の任意の場所に配置されています。


片面組立

受入検査=>スクリーンペースト(ディスペンサー)=>パッチ=>乾燥(硬化)=>リフロー溶接=>洗浄=>検査=>修理

両面アセンブリ

A:入荷検査=>PCBのA面シルク印刷ペースト(SMDペーストを点ける)=>SMD PCBのB面シルク印刷ペースト(SMDペーストを点ける)=>パッチ=>乾燥=>リフロー溶接(好ましくはB面=>クリーニング=>検査=>修理にのみ使用する)。

B:入荷検査=>PCBのA側スクリーン半田ペースト(ドットパッチペースト)=>SMD=>乾燥(硬化)=>A側リフロー半田付け=>クリーニング=>回転=PCBのB側ドットパッチペースト=>パッチ=>硬化=>B表面波半田付け=>クリーニング=>検査=>修理)

このプロセスはPCB A側のリフロー溶接とB側のピーク溶接に適している。PCB側に組み込まれたSMDでは、SOTまたはSOIC(28)ピンのみまたはそれ以下の場合に使用します。


片面混合包装プロセス

入荷検査=>PCB A面シルクプリントペースト(ディスペンサー)=>SMD=>乾燥(硬化)=>リフロー溶接=>洗浄=>プラグイン=>ピーク溶接=>洗浄>>検査=>やり直し


両面混合包装プロセス

A:入荷検査=>PCBのB側点パッチ接着剤=>SMD=>硬化=>フリップ=>PCBのA側プラグイン=>ピーク溶接=>洗浄=>検査=>やり直し

先に貼り付けてから挿入することは、SMDコンポーネントが単独コンポーネントより多い場合に適しています

B:入荷検査=>PCB A側プラグイン(ピン曲げ)=>フラップ=>PCB側パッチ接着剤=>パッチ=>硬化=>フラップ>>ピーク溶接=>洗浄=>検査=>修理

SMD構成部品よりも個々の構成部品が多い場合には、最初に挿入して貼り付けます。

C:入荷検査=>PCB A側スクリーンペースト=>パッチ=>乾燥=>リフロー溶接=>挿入、ピン曲げ=>フリップ=>PCB側スポットパッチペースト=>パッチ=>硬化=>フリップ=>ピーク溶接=>洗浄=>検査=>リフローA側混装、B側実装。

D:入荷検査=>PCBのB側ドットパッチペースト=>SMD=>硬化=>フリッププレート=>PCBのA側スクリーンペースト=>パッチ=>A側リフロー溶接=>プラグイン=>B側ピーク溶接=>クリーニング=>検査=>A側とB側の混合実装リフロー=>SMDの両側に貼り付け、リフロー溶接し、挿入し、ピーク溶接E:入荷検査=>プリント基板のB側スクリーン溶接ペースト(ドットパッチペースト)=>SMD>>乾燥(硬化)=>リフロー溶接=>フリッププレート>>PCBのA側フェーススクリーンペースト>>SMD=>乾燥=リフロー溶接1(部分的に溶接を使用可能)=>挿入=>ピーク溶接2(部品が少ない場合は手動溶接を使用可能)=>クリーニング=>検査=>やり直しA面実装とB面混合実装。


両面組立プロセス

A:入荷検査、PCB A面シルク印刷ペースト(ディスペンサー)、パッチ、乾燥(硬化)、A面リフロー溶接、洗浄、反転、PCB B側スクリーン半田ペースト(ドットパッチペースト)、パッチ、乾燥、リフロー半田(好ましくはB側、クリーニング、テスト、修復用のみ)

PLCCなどの大型SMDがPCBの両側に接続されている場合、このプロセスは選択に適しています。

B:入荷検査、PCB A面シルク印刷ペースト(ディスペンサー)、パッチ、乾燥(硬化)、A面リフロー溶接、洗浄、反転、PCB B側スポットパッチ接着剤、パッチ、硬化、B側ピーク溶接、クリーニング、検査、再加工)この技術はPCB A側のリフロー溶接に適している。