精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
電子設計

電子設計 - ケイデンスPCB基板設計

電子設計

電子設計 - ケイデンスPCB基板設計

ケイデンスPCB基板設計

2023-10-23
View:119
Author:iPCB

ケイデンスPCB基板設計は大型EDAソフトウェアであり、ASIC設計、FPGA設計、PCBボード設計を含む電子設計のすべての側面をほぼ完成することができる。


ケイデンスPCB設計


ケイデンスPCB基板設計方法

現在、ますます多くの高速設計が開発サイクルを高速化するためのより効果的な方法を採用している。まず、設計性能指標に合致する物理設計規則を確立し、これらの規則を用いてPCBレイアウトと配線を制限する。デバイスをインストールする前に、まずシミュレーション設計を行います。


この仮想テストでは、設計者は設計指標を比較してパフォーマンスを評価することができます。これらの重要な前提条件は性能指標の物理設計規則のセットを構築することであり、規則の基礎はモデルに基づくシミュレーション分析と電気特性の正確な予測であるため、異なる段階のシミュレーション分析は非常に重要である。


ケイデンスはプリント基板設計スタジオで高速回路設計と信号完全性解析-Allegro PCBのための非常に実用的なツールオプションを発表した。このシミュレーションソフトウェアは、層の分類、PCBの誘電率、媒体の厚さ、信号層の位置と線幅に基づいてPCB線がマイクロストリップ線、ストリップ線、広帯域結合ストリップ線などに属するかどうかを決定するために使用することができる。そして、異なる計算式に基づいて、信号線のインピーダンスと反射を決定し、信号線のクロストーク、電磁干渉などを自動的に計算し、プリント基板の信号完全性を確保するために配線を拘束することができる。


配線時には、インターコネクトデザイナーツールを使用して、一般的なプリント配線板線幅、ビア数、インピーダンス範囲、ピーククロストーク、オーバーシュート特性、信号遅延、インピーダンス整合などの幅広い物理的および電気的性能パラメータを含む各種制約を設定します。シミュレーション結果を使用してタイミング、信号整合性を決定し、および電磁互換性は、時間特性やその他の関連問題に基づいて最適化設計されています。


ケイデンスソフトウェアは高速PCB設計のための設計プロセスを開発した。その主な思想は良好なシミュレーション分析設計を用いて問題の発生を防止し、電子基板が生産される前にすべての可能な問題を解決しようとすることである。


従来の設計プロセスと比べて、主な違いはプロセスに制御ノードが追加され、設計プロセスを効果的に制御できることである。それは原理図設計、PCBレイアウトと配線及び高速シミュレーション分析を集積し、設計の各段階の電気性能に関する問題を解決することができる。タイミング、信号対雑音比、クロストーク、電力構造と電磁互換性などの各種要素を分析することにより、レイアウトと配線の前にシステムの信号完全性、電力完全性、電磁干渉などの問題に対して最適化設計を行うことができる。


ケイデンス電子基板設計の利点

1)信頼性が高く、拡張性があり、コスト効率に優れたプリント基板編集および配線ソリューションで、設計要件に応じて更新を続けることができます。

2)基本/高度なレイアウトと配線から戦略計画、グローバル配線まで、完全な相互接続環境を提供する。

3)高速規則/拘束を使用して高度な設計を加速する。

4)包括的な機能ポートフォリオを含む。

5)制約を作成、管理、確認するために、フロントエンドからバックエンドに至る制約管理システムを含む。

6)アプリケーションの統合による設計効率の向上。

7)フロントエンドからバックエンドへの緊密な統合が可能。


ケイデンスPCB基板ソフトウェアは、操作が簡単で、実用性が高い。これにより、回路図設計、回路図シンボル作成、電子基板コンポーネントパッケージ設計、プレート枠設定、コンポーネントレイアウト、PCBボード配線、出力ドキュメントを完成することができます。