精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - どのようにマルチメーターでPCBボードをテストしますか?

PCBブログ

PCBブログ - どのようにマルチメーターでPCBボードをテストしますか?

どのようにマルチメーターでPCBボードをテストしますか?

2023-09-20
View:418
Author:iPCB

マルチメーターは多機能測定器であり、通常は電圧、電流、抵抗を測定するために用いられる。


マルチメータ

1.観測方法

この方法は非常に直感的で、よく検査することで、やけどの跡を見ることができます。このような問題が発生した場合は、電源投入時により深刻な被害がないように、メンテナンスと検査の際にルールに注意する必要があります。この方法を使用する場合は、次の点に注意する必要があります。

1)観察によりPCBボードが人為的に破損しているかどうかを確認する。

2)この回路基板に関連する部品、各コンデンサと抵抗器を含めて、黒化現象があるかどうかをよく観察する。抵抗を見ることができないので、計器を使って測定するしかない。関連する破損した部品は速やかに交換してください。

3)CPU、AD、その他の関連チップなどの回路基板上の集積回路を観察し、突起、火傷、その他の関連状況をタイムリーに修正しなければならない。


2.静的測定方法

PCBボードの故障をテストする際、焼損や変形がない限り、観察によっていくつかの問題を発見することは一般的に困難である。しかし、結論を出す前に、ほとんどの問題は電圧計で測定する必要があります。回路基板アセンブリと関連部品は1つずつテストを行う必要があります。メンテナンス手順は、次の手順に従います。

1)電源と接地間の短絡を検出し、原因を調査する。

2)ダイオードが正常かどうかを検査する。

3)コンデンサに短絡や開放があるかどうかを確認する。ステップ4:回路基板に関連する集積回路、および抵抗器とその他の関連機器のLEDを確認します。


3.オンライン測定方法

1)基板の電源を投入し、部品が過熱していないかどうかを検査する。ある場合は、関連部品を点検して交換します。

2)PCBボードに対応するゲート回路を検出し、論理に問題がないかどうかを観察し、チップの品質を決定する。

3)デジタル回路結晶発振器の出力が正常であるかどうかをテストする。


マルチメータを使用して部品をテストする方法

1.抵抗測定:マルチメーターはPCBボード上の抵抗を測定することができる。回路基板をボルタング位置に接続し、プローブを部品の両端に接続します。マルチメーターの読み取りを見ると、基板上の部品の抵抗値を容易に測定することができる。


2.容量測定:マルチメーターは回路基板上の容量を測定することができる。回路基板を抵抗位置に接続し、プローブを部品の両端に接続します。ユニバーサルメーターの読み取りを観察することで、PCB基板上の素子の容量値を容易に測定することができる。


3.ダイオード測定:マルチメーターは回路基板上のダイオードの正極性と負極性を測定することもできる。回路基板をダイオードのテスト位置に接続し、プローブをダイオードの2つのポートに接続し、マルチメータの読み取りを観察することで、ダイオードの正極性と負極性を簡単に測定することができます。


マルチメーターは、これらの部品が破損しているかどうかを判断するために、抵抗、容量、インダクタンスなどのデバイスを測定することができます。回路内に短絡や漏れがないか、特にPCBボードの開回路を測定して、他の部品の焼損を防止します。