精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - RT硬質合金基板

PCBブログ

PCBブログ - RT硬質合金基板

RT硬質合金基板

2023-10-26
View:191
Author:iPCB

RT/硬質合金基材は切断、せん断、加工成形が容易である。それらはすべての溶媒と試薬に抵抗することができて、熱いものであれ冷たいものであれ。8 RT/硬質合金M〜70の銅電着Mに用いられる。


RT Duroid subsarte.jpg


RT硬質合金基材と他の基材との比較


1)Rogers RT/硬質合金5880は、電気的および機械的特性の有益な組み合わせを提供する。Rogers RT/硬質合金基板はポリテトラフルオロエチレンガラス繊維強化材から作製した。これらのマイクロファイバーは材料中にランダムに分布し、回路応用と生産過程に最大強度増強を提供する。


2)これらの高周波材料は同類材料の中で最も低い誘電率を有し、その極めて低い誘電損失は分散と損失を最小化する必要がある高周波と広帯域応用に非常に適している。また、RT/硬質合金基材は極めて低い吸湿性を有し、高湿度環境における応用に理想的な選択である。


RT−Deriod基板の特性

1)RT Duroid基板は所望の形状に切断しやすく、エッチングとめっきの過程で使用されるすべての溶液と試薬の浸食に抵抗できる。強化ポリテトラフルオロエチレン材料の中で、RT Duroid 5870と5880積層板は最低の誘電損失、低吸湿性、等方性と最小の周波数依存電気特性を有する。

2)超低損失、低吸湿性、周波数変化に伴う安定誘電率、低ガス放出、航空応用に適している。


一般RT硬質合金基板


1.RT Duroid 5870

MRT Duroid 5870高周波積層板はマイクロ波繊維で強化されたPTFE複合材料である。低誘電率Dkを有し、優れた高周波性能を提供することができる。材料に添加されたランダムマイクロ波繊維は製品の良好なDk均一性を確保し、分散と損失を最小化する必要がある高周波/広帯域応用の理想的な選択となる。

利点:

極めて低い電気損失、ガラス繊維強化PTFE、切断、共有、加工成形が容易で、エッチングまたはメッキエッジとスルーホールプロセスで使用される溶液と試薬に対して良好な耐性を持ち、高湿度環境に非常に適し、非常に成熟した材料であり、広い周波数範囲で一貫した電気特性を維持することができる。


2.RT Duroid 5880

MRT Duroid 5880はマイクロ波繊維強化PTFE複合材料であり、低誘電率と低損失を有し、高周波/広帯域応用に非常に適している。マイクロガラス繊維のランダム配向は、このPTFE複合材料の優れたDk一致性を強化する。


3.RT Duroid 5880LZ

MRT Duroid 5880 LZは、精密テープ状とマイクロストリップ線回路の応用のために設計された複合材料である。独自のフィラーを添加し、高性能で回路重量に敏感な用途に使用できる低密度軽量材料を形成した。


4.RT Duroid 6002

MRT Duroid 6002積層板は複雑なマイクロガラス構造に適した低誘電率マイクロガラス材料である。この材料の優れた機械的および電気的性質は、複雑な多層板構造に適用される。

利点:

低損失、優れた高周波性能を提供し、厳格な厚さ制御を持ち、平面内膨張係数は銅に相当し、ガス出力速度は低く、空間応用に非常に適し、そして優れた寸法安定性を有する。


Rogers RT Duriod高周波PCBシート材料基板は、ランダムに充填されたガラスやセラミックスを含むPTFEの複合積層板であり、航空宇宙やその他の分野の高信頼性応用に適している。MRT Duriodシリーズは業界では常に高性能で信頼性の高い材料である。