精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - ミリレ波ーダ一pcb基板の応用と長所と短所

PCBブログ

PCBブログ - ミリレ波ーダ一pcb基板の応用と長所と短所

ミリレ波ーダ一pcb基板の応用と長所と短所

2022-10-25
View:295
Author:iPCB

ミリ波レーダーとは、その名の通り、ミリ波周波数帯で動作するレーダーのことです。ミリ波(Millimeter-Wave、略称:MMW)は、レーダとミリ波を融合させ、MMICチップとアンテナPCBボードから構成され、主にアンテナ、送受信モジュール、信号処理モジュールなどを含む。レーダー波を送信し、エコーを受けることで、時間差から位置距離を計算する。ミリ波レーダとは、長さが1 ~ 10 mmの電磁波を指し、対応する周波数範囲は30 ~ 300 GHzである。下図のように、ミリ波はマイクロ波と遠赤外波が重なる波長範囲にあるため、ミリ波にはこの2つのスペクトルの利点があり、独自の性質もある。


波の伝播理論によると、周波数が高いほど波長が短くなり、分解能が高くなり、透過能力が強くなるが、伝播過程での損失も大きくなり、伝送距離が短くなる。相対的に、周波数が低いほど、波長が長くなり、回折能力が強くなり、伝送距離が遠くなる。だからマイクロ波に比べて、ミリ波の解像度が高く、指向性が良く、耐干渉能力が高く、探知性能が良い。赤外線に比べてミリ波の大気減衰は小さく、煙塵に対してより良い透過性を持ち、天候の影響を受けにくい。これらの特質は、ミリ波レーダが終日全天候で動作する能力を持つことを決定した。


ミリ波レーダーが保安に作用するのは最近の新興技術で、原理は電磁波が送信機からレーダーアンテナを通じて送信され、障害物の反射に遭遇し、受信機が受信することである。送受信間の時間差に基づいて目標の位置データを測定する。ゲリラ豪雨の場合、レーダーの性能が低下し、監視範囲が減少する。


ミリ波レーダー

ミリ波レーダー

ミリ波レーダ応用シーン

ミサイル誘導

ミリ波レーダーの主な用途の一つは戦術ミサイルの最終誘導であり、誘導ヘッドは体積が小さく、電圧が低く、全固体状態などの特徴があり、弾載環境の要求を満たすことができる。


ターゲットの監視とキャプチャ

ミリ波レーダは、低空飛行目標、地上目標、外空目標を監視するための近距離、高分解能の目標監視と目標捕獲に適している。


砲火制御と追跡

ミリ波レーダは低空目標の砲火制御と追跡に使用でき、94ギガヘルツの単一パルス追跡レーダを作成した。


レーダ測定

高分解能と高精度のミリ波レーダを用いて、目標とスプリアス特性を測定することができる。


ミリ波レーダpcb 基板の長所と短所

1、ミリ波レーダーの利点:コストが適切で、適度な識別能力が強く、悪天候の感染防止能力が強い、これはミリ波レーダーのビームが狭く、角分解力が高く、周波数帯域幅、隠蔽性が良く、煙、塵、雨、霧などに対して良好な貫通性を持っている、


2、ミリ波レーダーの欠点:探知可能な角度が小さく、測定可能距離の表現はレーザーレーダーに及ばず、車路の協同を考慮せず、単車の知能の場合、知能自動車は遠くを「見る」必要がある、


3、レーザーレーダーの利点:レーザービームの発散角が小さく、エネルギーが集中する、ドップラ周波数シフトが大きく、低速または高速目標でも検出できる、分子量レベルで目標探査を行い、道路のエッジを検出でき、探査システムのサイズが小さい、より良い解像度と感度があり、振幅、周波数、位相などの情報を得ることができる、


4、レーザーレーダーの欠点:現段階ではコストが高く、500-1000ドル/本、後続または200-300ドルまで低く、ミリ波レーダーに接近することができる、悪天候の影響を受けやすく、空気中のスモッグに遭遇すると障害物と誤判される。走査の周波数が低く、レーザービームが狭く、目標の迅速な検索と捕獲が難しく、物体の色、種類、文字などの情報を識別できない。