精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - 超薄型プリント基板プロセス

PCBブログ

PCBブログ - 超薄型プリント基板プロセス

超薄型プリント基板プロセス

2023-03-23
View:173
Author:iPCB

プリント基板は電子製品の重要な構成要素の一つである。プリント配線基板を使用したため、配線や組立中のエラーが減少し、設備のメンテナンス、調整、検査時間が節約され、設備の交換が容易になった。配線密度が高く、体積が小さく、軽量で、電子機器の小型化、機械化、自動化生産に有利で、労働生産性を高め、電子機器のコストを下げる。

超薄型PCB

薄型プリント配線板

近年、回路基板は軽量化、薄型化、小型化、高密度相互接続の方向に発展し、より多くのマイクロデバイスの負荷が限られた表面にかかり、これにより印刷回路基板の設計は高密度、高精度、多層、小開口の方向に発展している。電子製品の微細化の発展要求を満たすために、電子製品は絶えずより薄い方向に発展している。薄くなってきた製品はプリント基板の生産プロセスに重大な調整をもたらし、新しい設備と新しいプロセスの開発も議事日程に提出された。目的は従来技術の欠点を克服し、多層銅箔を用いて各層の厚さが0.05 mm未満の極薄PCBを製造する製造方法を提供することであり、従来技術の加工過程におけるキャリアプレートと銅箔の分離による空気漏れ汚染及び内部埋孔を製造できない問題を克服することができる。


超薄型pcbを製造する方法であって、以下のステップを含む:

(1)0.1 mmより厚い両面銅張積層板22を選択し、上下外面に位置決めパターン21を形成する。

(2)外層銅箔26、プレス材23、多層銅箔27、プレス材23のキャリアプレート22、プレス材23の多層銅箔27を上から下に積層、プレス材23の外層銅箔26をプレスした後、ドイツBurklemode 1 lamv 100を用いて熱プレスして必要なプレス板を製造する、前記銅箔とプレス材が内層処理板を形成する、

(3)プレスされた板材を縁取り機で縁取り処理し、板材を所望の寸法に切断する。

(4)機械的に穴をあけて位置決めし、切断した超薄pcbのために貫通穴を作る、

(5)必要なプラテン上で回路製造を行い、必要に応じてめっきプロセスを増やし、必要なプラテンの1つまたは2つの外面の外銅箔上に導電回路パターン210を形成する、

(6)完成した積層板を積層し、新しい絶縁誘電体層と導電層を形成し、必要に応じてレーザー穴あけ、めっき、パターン転移などのプロセスを追加する、

(7)必要に応じて少なくとも2層(例えば4層)の総厚が0.08 mmを超える多層内層加工板28が製造されるまで、ステップ6を繰り返し、

(8)上述の完成品板を仕上げた後、多層銅箔を分離して、余分な板211と必要な多層内層処理板28を形成する。

(9)多層内層加工板の上下両面にパターン転写生産を行う。各レイヤーを作成するときは、次のレイヤーを作成するためにレイヤーを追加する前にグラフィック遷移を行います。

(10)多層内層加工板の2つの導線パターンを積層し、新しい絶縁誘電層と導電層を形成し、必要に応じてレーザードリル、めっき、図形などのプロセスを追加する、

(11)外層処理が完了するまでステップ10を繰り返し、必要に応じて超薄pcbに機械ドリル、めっき絶縁保護層、表面酸化保護層を添加して作製するなどのプロセス。