精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - 機能テスト(FCT)とは?

PCBブログ

PCBブログ - 機能テスト(FCT)とは?

機能テスト(FCT)とは?

2023-04-07
View:285
Author:iPCB

1.FCTの基本的な紹介

FCT(機能回路試験)基板動的機能試験器は、基板上の測定ユニットを機能ユニットとして入力信号を供給し、機能ユニットの設計要求に基づいて信号を検出する。先進的で柔軟なソリューションを使用して、テストの自動化レベルを向上させます。これにより、障害の検出時間が大幅に短縮され、迅速な修復と障害の検出に最適な方法になります。この装置は工業用コンピュータを核心とし、標準GPIBインタフェース、多チャンネルプログラマブル波形発生器、プログラマブルI/Oチャネル、データ収集モジュールを集積している。これは、ユーザ試験回路の様々なアナログ/デジタル信号を最大限にデータ収集し、試験し、システムソフトウェアを通じて定性的または定量的に分析することができる。また、GPIBインタフェースを通じて、GPIBインタフェースの標準に合致する任意のデバイスもシステムに接続でき、機能的に無限の拡張可能な空間を提供することができる。また、柔軟で簡潔なヒューマン対話インタフェースは、ユーザーが使用するのに非常に便利です。

PCBボード

2.FCT試験の種類は

2.1制御方式による:

手動制御機能試験、半自動制御機能試験、全自動制御機能検査に分けることができる

2.2コントローラタイプに基づく

MCU制御モード、CPU制御モード、PC制御モード、PLC制御モードなどに分けることができる


3.FCTテストを使用する共通のメリットは

機能テスト治具を使用する利点は、同じ製品であれば、労働者が非常に熟練した技術を持っていなくても、治具を使用して大量の欠陥が少なく、変異性が低い良い製品を迅速に生産できることです。しかし、多様で限られた生産モデルに対して、多くの固定装置の結果は実際には生産コストの増加を招いた。


4.PCBAの機能テストは通常、次のセクションに分けられます。

4.1システム制御センター:

この部分は一般的にPC、MCU、ARMなどの中小規模中央プロセッサで構成され、その主な機能は試験プロセス全体を制御し、各ステップの試験内容を判断して記録し、最終的に試験結果を得ることである。それはテストシステム全体のコア脳です。

4.2制御実行部:

制御実行部は主にI/Oコンポーネントで構成され、I/Oコンポーネントはテストプロセスの論理動作のセンシングと実行メカニズムである。システムはそれを利用して様々なテスト環境を構築し、テスト機能を実現する。

4.3パラメータ測定部:

測定部は主にいくつかの測定板と計器から構成されている。主に試験中の各種アナログ量またはデジタル量の収集を完了する。したがって、これをデータ収集セクションと呼ぶことがあります。

4.4データ処理と出力部:

私たちのテスト全体の目的は、各ステップと最終的なテスト結果です。これらの結果とデータをどのように保存し、出力するかによって、PCBA製品の品質をより効率的に制御することができます。これはデータ処理と出力部門の責任です。