精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCB技術

PCB技術 - 回路基板の保形コーティング

PCB技術

PCB技術 - 回路基板の保形コーティング

回路基板の保形コーティング

2023-12-07
View:95
Author:iPCB

基板保形コーティングは、基板およびそのコンポーネントを環境や腐食から保護するために、プリント基板(PCB)に適用されるポリマーフィルムである。このような薄膜は一般的に25 ~ 250µmに応用され、回路基板とその部品の形状に適合し、溶接点、電子部品のリード線、露出マーク、その他の金属化領域を腐食からカバーし、保護し、最終的にPCBの使用寿命を延長する。


回路基板保形コーティング.jpg


作業環境の外部要因により、パフォーマンスが急速に悪化する可能性があります。回路基板の保形コーティングは、湿気、塩ミスト、化学品、極端な温度からプリント回路基板を保護し、腐食、カビの成長、電気的故障を防止するために、さまざまな環境に使用することができます。保形コーティングは、設計者が小型化と信頼性の要件を満たすことができるように、より高い電圧勾配とより小さな軌道間隔を可能にする保護を提供する。


回路基板の保形コーティングにはどのようなタイプがありますか。

回路基板保形塗料は、PCB電子回路基板保護油、塗料油、防湿塗料、防水ゴム、絶縁塗料、防腐塗料、塩スプレー塗料、防塵塗料、保護塗料、塗料などとも呼ばれる。


次のように分類されます。

保形塗料はその化学成分によってアクリル酸エステル類、シリコーン類、ポリウレタン類に分けることができる、硬化方法には、溶媒硬化、室温硬化、熱硬化、紫外線硬化がある。


1.溶剤含有アクリル樹脂保形塗料(現在市場で最も広く使用され、最も人気のある製品)

特徴:表面乾燥、硬化時間が速く、三防性が良く、価格が安く、色が透明で、性質が柔軟で、修復しやすいなどの特徴がある。


2.無溶媒アクリル樹脂保形塗料

特徴:紫外線硬化、数秒から数十秒以内に乾燥でき、色が透明で、材質が硬く、優れた耐化学腐食と耐摩耗性を持っている。


3.ポリウレタン保形塗料

特徴:生地が脆く、耐溶剤性が良い。優れた防湿性能に加え、低温環境でも安定した性能を維持しています。


4.シリコーン保形コーティング

柔軟な弾性コーティング材料は、効果的に圧力を放出し、200度の高温に耐え、修復しやすい。


5.蛍光保形コーティング

特徴:蛍光三防塗料を塗布した後、コーティング表面は紫色光に照らされ、青色を呈し、三防塗料が塗布されているかどうかを明確に検査しやすい。


回路基板に保形コーティングを使用する理由

1.保護回路基板

保形コーティングは良好な絶縁性と防湿性を提供でき、回路基板を湿度、汚染物、酸化などの環境要素の影響から効果的に保護し、回路基板の使用寿命を延長する。


2.難燃性

保形コーティングは通常良好な難燃性を有し、回路基板が不測の事態で火災を発生するリスクを低減し、回路基板の安全性を高めることができる。


3.抗酸化性能

回路基板の保形コーティングは酸素と回路基板の接触を遮断し、回路基板の酸化による性能劣化を減少させ、回路基板の安定性と信頼性を高めることができる。


4.機械的強度を高める

保形コーティングは一定の硬度を有し、回路基板の機械的強度を増強し、外部衝突、振動などによる損傷を減少させることができる。


5.防塵:回路基板表面に塵や不純物が溜まりやすく、回路の正常な動作に影響を与える。保形コーティングは滑らかな保護膜を形成し、ほこりや不純物の蓄積を防ぎ、回路基板を清潔に保つことができる。


保形コーティングは、回路基板や関連機器を環境浸食から保護するための特殊な処方のコーティングである。保形コーティングは良好な高温耐性と低温耐性を有し、硬化後に形成された透明保護膜は、絶縁性、防湿性、漏れ防止性、耐衝撃性、防塵性、耐食性、耐老化性、耐コロナ性に優れている。