精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - PCBプロトタイプボードの使用方法

PCBブログ

PCBブログ - PCBプロトタイプボードの使用方法

PCBプロトタイプボードの使用方法

2023-09-18
View:134
Author:iPCB

PCBプロトタイプを使用する場合は、プロトタイプPCBをプロトタイプPCBAボードに組み立てる必要があります。主な目的は回路の高速生産に実用的で柔軟な方法を提供することである。カスタム回路は、アセンブリをプリドリルまたはメッシュパターンパッドに挿入して溶接することにより構築および評価することができます。


プロトタイプ1.jpg


PCBプロトタイプ

ベアプレート:アセンブリを取り付け、電線接続を確立するためのベースプレートを提供します。

銅線:素子間で電気信号を伝送する導体として機能する回路基板を貫通する薄い銅線。

コンポーネント:キャパシタ、抵抗器、集積回路、その他の電子部品など、回路を構成する個別の電子部品。

電源と接地面:PCBプロトタイプボード上の特定の位置は、各種コンポーネントの電源と接地線接続に特化しており、安定した信頼性の高い回路を確保しています。


PCBプロトタイプボードの使用方法

1.計画と設計:まず、紙またはコンピュータ支援設計ソフトウェアを使用して回路設計のためのレイアウトを作成します。干渉やクロストークを最小限に抑えるために、コンポーネントの配置と配線を慎重に考慮します。

2.部品収集:回路に必要なすべての部品を収集する。正確性を確保するために、値、定格値、数量を慎重にチェックします。

3.PCBボードの準備:清掃後、PCBボードの表面にエラーや破損フラグがないかどうかを確認する。小さなやすりやサンドペーパーでざらざらした縁を磨きます。各コンポーネントをボードに配置し、その位置を計画します。

4.コンポーネント溶接:コンポーネントをプロトタイプ基板に次々と溶接します。コンポーネントのリード線とパッドを半田アイロンで同時に加熱して、適切な半田の流れを促進し、安全な電気的接続を確立します。

5.テストとトラブルシューティング:すべての部品を溶接した後、マルチメーターを使用して導通性をテストし、電圧レベルを検証し、潜在的短絡を検出する。溶接点とアセンブリの値を注意深くチェックして、問題を特定して解決します。


プロトタイプボードのタイプ


1.断板:断板は広く応用され、汎用的な原型板である。相互に接続された穴メッシュの列が特徴で、貫通穴アセンブリの挿入と接続を容易にすることができます。Breadboardは溶接を必要としないため、高速成形と実験の理想的な選択である。


2.棒板:これは原型板で、平行な銅軌道がメッシュ形状に配列されています。これらのレールはアセンブリ間の導電接続として使用されます。より多くの恒久的な回路ソリューションが必要な場合、アセンブリを銅線に直接溶接できるため、ストリッププレートが一般的に使用されます。これらは、中小規模回路に携帯性と信頼性の高い選択を提供します。


3.Perfboard:部品の配置と溶接のニーズを満たすメッシュ穴があるのが特徴です。帯状板とは異なり、あらかじめ配置された銅線はなく、回路設計においてより大きな柔軟性を提供しています。しかし、成功した実装には、綿密な計画と溶接スキルが必要です。


4.プリント基板:プリント基板は最も専門的で、最も耐久性のある回路選択である。PCBAは、専門のソフトウェアを用いて広範な設計と製造を行っている。PCBプロトタイプボードは、正確な設計、改善された性能、信頼性の向上を提供します。複雑な回路や大規模な生産に適していますが、製造には先進的なツールと専門知識が必要です。


プロトタイプボードを使用するメリット

1.高速:プロトタイプ設計により、溶接を必要とせずに高速回路の構築とテストが可能になります。これにより、反復と実験プロセスが設計段階でより迅速になる。


2.柔軟性:プロトタイプボードは回路設計において高い柔軟性を提供している。コンポーネントの追加、削除、再配置の利便性により、さまざまな設定のテストや潜在的なエラーの排除が簡単になります。


3.コスト効果:小規模PCBコンポーネントの高価なカスタマイズ生産のニーズを排除することにより、コスト削減に貢献する。これにより、電子サンプル設計がより広範な視聴者に受け入れられやすくなります。


4.再利用可能性:プロトタイプボードは複数のプロジェクトに使用できます。コンポーネントは接続を切断して再挿入することができ、基板が異なる回路設計に使用できるようにすることができます。


5.全体の回路性能:PCBプロトタイプの組み立てを行い、完全なPCBAボードを形成し、そして機能テストなどの一連のテスト項目を通過し、これらのボードが予想される機能を持っているかどうかを検査し、後続のロット項目に故障が発生しないようにする。


PCBプロトタイプボードは、設計の可用性、材料特性、機能、性能を正確にテストし、最終的に製品の実行可能性をテストすることができます。