精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
浸漬金(ENIG)はゴールデンフィンガーへの役割について
PCBブログ
浸漬金(ENIG)はゴールデンフィンガーへの役割について

浸漬金(ENIG)はゴールデンフィンガーへの役割について

2022-07-15
View:90
Author:ipcb

本文は浸漬金(Immersion Gold、略称ENIG)とはなにかを紹介します。プリント基板での銅箔は酸化しやすいです。それに、導電率、温度、湿度等と関係があります。ゴールデンフィンガーとは多くの黄金色の導電コンタクトからなります。その表面処理は金メッキで、導電コンタクト指の形で配列されているため、「ゴールデンフィンガー」と呼ばれます。


ゴールデンフィンガーとは


ゴールデンフィンガーとは多くの黄金色の導電コンタクトからなります。その表面処理は金メッキで、導電コンタクト指の形で配列されているため、「ゴールデンフィンガー」と呼ばれます。


金メッキのメリットは、プリント回路表面の堆積色が非常に安定であり、輝度が優れており、コーティングが非常に平坦であり、溶接性が優れていることです。一般的に金析出の厚さは1〜3インチであり、基本的には前処理(オイル除去、マイクロエッチング、活性化、ポスト浸漬)、ニッケルメッキ、金メッキ、後処理(廃棄金洗浄、ダイ洗浄、乾燥)の4段階に分けられます。


しかし、他のスズメッキプロセスに比べて、金メッキプロセスのコストは比較的高いです。金の厚さがプリント基板工場の従来のプロセスを上回るならば、コストはさらに増加します。もちろん、ボードの溶接性と電気的性質の高い要件がある場合は、別の問題です。例えば、回路基板が沈む必要があるゴールデンフィンガーまたは板の線幅/パッド間隔が不十分であるならば、回路板溶接が非常に良いように、金+金メッキの指を沈める過程をすることは最高です。回路基板のパフォーマンスも非常に安定しています。パッドは落ちなくて、接触は悪くありません。短絡回路やその他の現象はなく、非常に耐衝撃性であり、フォールプルーフです。


また、回路基板にはゴールデンフィンガーがある場合で、ゴールデンフィンガー以外のプリント基板表面では、錫メッキ+金メッキフィンガー工程によって錫メッキ工程を選択することができます。回路基板幅及びパッド間隔が十分であり、かつ溶接条件が高くない場合には、基板の使用に影響を与えることなく、製造コストを効果的に低減することができます。しかし、基板のライン幅とパッド間の間隔が足りない場合には、錫メッキプロセスにより生産性が向上します。錫のブリッジングなどの短絡回路が少なくなり、金の指の挿入や剥離が頻繁に起こり、接触不良となる。

したがって,ボードの実際の状況に応じて,ボードの使用に影響を与えることなくコストを制御することができます。


金メッキはpcbの表面処理プロセスの一つです。それは化学的に酸化還元反応を通してコーティングの層を生成するために化学蒸着法を使用します。それはより厚い金層を達成することができる化学的ニッケル金堆積の方法に属します。


金メッキのPCBが錫メッキでないならば、何をしなければなりませんか。この問題を解決するためには、まず、めっきされたPCBを錫で被覆できない理由を分析する必要がある。

(1)PCB酸化に起因するすず破壊;

(2)炉の温度が低すぎたり、速度が速すぎず、錫が溶けない。

(3)はんだペースト自体に問題がある場合は、別のはんだペーストを試すことができる。

(4)電池は通常ステンレス鋼であるので、錫を塗布する前にクロムの層をメッキしておく必要がある。


金メッキのPCBが錫でコーティングされない理由を知って、解決策について話しましょう。

(1)液剤の成分を定期的にテストし分析し、タイムリーに添加し、電流密度を増し、電気めっき時間を延長する。

(2)陽極の消費量を随時確認し、適正な補助を行うこと。

(3)陽極の分布を合理的に調整し、電流密度を適切に低減し、基板の配線又はスプライシングを合理的に設計し、かつ、光沢度を調整する。

(4)貯蔵工程における貯蔵時間及び環境条件を厳しく管理し、製造工程を厳重に操作すること。

(5)日干しをきれいにする溶剤を使用する。シリコーンオイルであれば、特殊な洗浄溶剤で洗浄する必要がある。

(6)pcb溶接時には55〜80℃で温度を制御し、十分予熱時間を確保する。


ゴールドフィンガー


ゴールデンフィンガー


(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。