精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - PCBボードのリフローについて

PCBブログ

PCBブログ - PCBボードのリフローについて

PCBボードのリフローについて

2022-09-15
View:170
Author:iPCB

1. 逆流の基本概念 PCBボード, デジタル信号の伝播は、1つの論理ゲートから他の論理ゲートまである. 信号は出力端から受信端にワイヤを介して送られる. 一方向に流れているようです. 多くのデジタルエンジニアは、したがって、ループ経路が無関係であると思います, 結局, ドライバと受信機の両方が電圧モードデバイスとして指定される, だから、なぜ電流を悩ます? 実際に, 基本回路理論は、信号が電流によって伝播されることを我々に伝えます, 特に, 電子の運動, 電子の流れの特徴の一つは、電子はどこにもとどまらないことだ, 電流が流れても, 戻ってくる, 従って、電流は常にループに流れる, そして、回路のいかなるシグナルも閉ループの形で存在する. 高周波信号伝送用, 実際には、伝送線路とDC層との間に挟まれた誘電体キャパシタを充電するプロセスである.

PCBボード

逆流の影響


プリント基板上の電力線及び接地線の周囲の領域を大きくするほど、それらが放射するエネルギーが大きくなる。したがって、リターンパスを制御することによって周囲の領域を作り、放射線の度合いを制御することができる。


4. リフロー問題に対する解決策は、通常、 PCBボードチップ相互接続, 銅切削, ジャンピング. これらの因子を以下に詳細に解析する. 4.1チップ配線によるリフロー問題, 高電圧と低電圧の間の遷移が起こる, これによって、過渡的な負荷電流が回路から回路へ、または回路から接地へ流れる. デジタルデバイス, ピンの入力抵抗は無限と考えられる, これはオープン回路(以下の図のi=0)に相当する。事実上, ループ電流は、チップによって生成された分布キャパシタンスおよび分布インダクタンスによって生成される, 電源とグランドプレーン. リターン. 以下の解析は、出力信号の内部回路の一例としてコレクタ出力回路を取る. 1)駆動端子はローレベルからハイレベルに変化する。出力信号が低レベルから高レベルへジャンプするとき, 出力線に電流を出力する出力ピンと等価である. 入力抵抗は無限だから, 我々はチップのためにそれを考える, 入力脚から電流は流れない. それで,この電流は出力チップの電力管脚部に戻る必要がある. 2) 信号線は近接しており、駆動端子は信号トレースによって形成された伝送線路を充電する。パワープレーンとターミナル負荷. 電流はドライバの電源ピンからデバイスに入り、ドライバ出力端子から負荷端子へ流れる高周波過渡復帰電流は、信号トレース14の下の電源にある. プレーンはドライバの出力端に戻る, そして、リターン電流は、直接電源プレーンを通過して、ドライバの電源ピンからドライバに入る, 電流ループの形成. 3) 信号トレースは、ドライバが信号トレースとパワープレーンと端子負荷によって形成される伝送線路を充電するグランドプレーンに近い。そして、電流はドライバの電源ピンからデバイスに入って、ドライバの出力端子からロード終末まで流れる. 高周波過渡リターン電流は、信号トレース14の下でグランドプレーン上のドライバの出力に戻る. リターン電流は、グランドプレーンからパワープレーンまで、そして、ドライバの出力でパワープレーンおよびグランドプレーン間の結合コンデンサの助けを借りてドライバから交差しなければならない. 電源ピンがドライバに入る, 電流ループの形成. 駆動端子はハイレベルからローレベルに変化する, これは、送電線の電流を吸収する出力ピンと等価である. 1) 信号トレースは、電力線に近接しており、負荷は、信号トレースによって形成された伝送線路を放電する。パワープレーンとドライバ出力. 電流はドライバの出力ピンからデバイスに入る, ドライバの接地ピンから流出する, 地面に入る, そして、ドライバの接地ピンの近くの電源を通過する. 平面および接地面結合コンデンサ, パワープレーンとロードに戻る. 高周波過渡リターン電流は、信号トレースの下のパワープレーン上の負荷に戻る, 電流ループの形成. 2) 信号トレースは、接地線に近接し、負荷は信号トレースによって形成された伝送線路を放電する。パワープレーンとドライバ出力端子. 電流はドライバの出力ピンからデバイスに入る, ドライバの接地ピンから流出する, 地面に入る, を返します。高周波過渡リターン電流は、信号トレースの下のグランドプレーン上の負荷端子に戻り、電流ループを形成する. ドライバの出力ピン及び接地ピンの近傍で, 電力面と接地面の結合コンデンサは、戻り電流のための戻り経路を提供するように配置されるべきである. これは、リターンパスを予測し、制御することは困難になります。このようにPCBボード上で他のトレースにクロストークを引き起こす。