精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
RFボードPCBボードのレイアウトと配線原理
PCBブログ
RFボードPCBボードのレイアウトと配線原理

RFボードPCBボードのレイアウトと配線原理

2022-09-16
View:68
Author:iPCB

一般に, のレイアウトと配線規則 PCBボード 誰でも理解しなければならない. しかし, 皆さんはRFボードのデザインルールを知っていますか PCBボード? 今日, RFボードのレイアウトと配線原理について話しましょう PCBボード.


RFボード PCBボード レイアウト原理

1)レイアウト決定:レイアウトの前に、ボード機能、動作周波数帯、電流および電圧、主RFデバイスタイプ、EMC、および関連RFインジケータの詳細な理解が必要であり、スタック構造、インピーダンス制御、外部構造サイズ、シールドキャビティおよびカバーを明確にする。デバイスのサイズおよび位置、特別なデバイス(例えば、シャドウによって空洞化され、直接に放散される必要があるデバイスのサイズおよび位置)のための処理命令、その他、主RFデバイス電力、熱放散、ゲイン、分離、感度、および他の指標、フィルタリング、バイアス、および整合回路の接続など。も指定する必要があります。パワーアンプ回路については、デバイスマニュアルまたはRFフィールド解析ソフトウェアシミュレーションにおいて推奨される整合ルーティング要件は、インピーダンス整合回路ガイドラインを取得した。

2)物理的な分割:キーは、単一のボードの主信号の流れ方向に従って主要な構成要素を整えることである。第1に、RFポートの位置に応じてRFパス上の構成要素を固定し、その方向を調整してRFパスの長さを短くする。一般的なレイアウト規則に加えて、各回路の相互干渉および干渉防止能力を低減して、複数の回路の十分な分離を保証する方法も考えられる。不十分な絶縁または強い放射源を有する回路モジュールについては、金属シールドを使用することはRF領域からRFエネルギーを遮蔽することを考慮する。

3)電気的分割:レイアウトは一般的に3つの部分に分けられる:電源,ディジタル,アナログ,空間で分離しなければならず,レイアウトと配線は領域を横断できない。そして、強くて弱い電流信号を切り離して、デジタルおよびアナログを切り離して、同じ機能を完了する回路をできるだけ特定の範囲の範囲内で配置しなければならなくて、それによって、シグナルループ領域を減らす。

PCBボード

RFボードPCBボード配線原理

1)デジタル回路をできるだけアナログ回路から遠ざけ、RFトレースが大面積グランドプレーンを参照し、RFトレースをできるだけ表面に走らせることを保証する。

2 )デジタル及びアナログ信号線は、領域を横切ってルーティングされない。RF配線が信号線を通過しなければならない場合、それらの間のRF配線に沿って主グラウンドに接続されたグラウンドをルートすることが好ましい第2のオプションは、RF配線が主グラウンドに接続されることを保証することである。容量結合を減らすために信号線を横切って、同時に、各々のRFトレースのまわりで可能な限り多くのグラウンドを置いて、主な地面に接続してください。一般に、RFプリントラインは平行に配線されてはならず、長すぎることはない。平行配線が本当に必要であるならば、接地線は2本のワイヤーの間で加えられなければなりません(接地線は良い接地を確実にするために穴を通して訓練されなければなりません)。RF差動線、平行線を実行し、2つの平行線の外側に接地線を追加(接地線を良好な接地を確保するために穴を介してドリルスルー)、そして、印刷ラインの特性インピーダンスは、デバイスの要件に応じて設計されています。

3)rfプリント回路基板配線の基本シーケンス:rfライン旋風帯ベースバンドrfインタフェースライン(iqライン)旋盤クロックライン・アール・アラン・アンド・パワー・パート部旋風・ディジタルベースバンド部・旋盤。

4)グリーンストリップはマイクロストリップラインの性能と信号に影響を与えると考え,高周波のマイクロストリップ線路はグリーンオイルで被覆できず,中・低周波の単板マイクロストリップ線路はグリーンオイルで被覆することが推奨される。

5)RFトレースは通常パンチされない。RFトレースを変更しなければならない場合、ビアのサイズを小さくする必要があり、それは経路インダクタンスを減少させるだけでなく、ラミネート内の他の領域に漏洩するRFエネルギーの機会も低減する。

6)デュプレクサ、IFアンプ、ミキサーは、常に干渉する複数のRF/IF信号を有する。RFとIFの痕跡はできるだけ交差させ、地面はそれらの間に間隔を置かなければならない。

7)特殊用途を除いて、RF信号トレース上に過剰なワイヤ端部を突出させることは禁止される。

8)ベースバンドRFインタフェースライン(IQライン)の配線は、位相誤差を避けるために、10 mil以上である必要があり、ライン長はできるだけ等しくなければならず、間隔はできるだけ等しくなければならない。

9)RF制御線は配線をできるだけ短くする必要があり、伝送制御信号装置の入出力インピーダンスに応じて配線長を調整してノイズの導入を少なくしている。RF信号、非メタライズされたビア、および「接地」エッジから離れてトレースを保つ。信号がビアを通してRFグラウンドに連結されるのを防止するためにトレースのまわりでグランド・ビアをドリルしないでください。

10 .可能な限りRF回路からデジタル配線と電源配線を遠ざけてください。クロック回路と高周波回路は干渉と放射の主な源であり、敏感な回路から別々に離れて配置されなければならない。

11)主クロック配線は可能な限り短くする必要があり,線幅は10 mil以上であることを推奨し,他の信号線からの干渉を防ぐためにトレースの両面を接地した。ストリップラインルーティングを使用することをお勧めします。

12) The control line of the voltage-controlled oscillator (VCO) must be kept away from the RF signal, また、VCO制御線は、必要に応じてパケット処理を受けることができる PCBボード.