精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBA技術

PCBA技術 - プリント配線板の特殊部品レイアウトと電源ノイズ干渉

PCBA技術

PCBA技術 - プリント配線板の特殊部品レイアウトと電源ノイズ干渉

プリント配線板の特殊部品レイアウトと電源ノイズ干渉

2022-11-24
View:184
Author:iPCB

いつ せっけいポリ塩化ビフェニル まで 位置 特殊な コンポーネント, 第1 考慮する これ サイズ 所属 これプリント配線板.いつ これ サイズ 所属 プリント配線板 プレート枚 はい も 大きい, これ プリント模様の服着 線 はい も 長い, これ インピーダンス ぞうか, これ 乾いた に反対 削減, と これ コスト 増加する もし それは はい も より小さい, これ あつい 散逸する はい 貧しい, と 隣接 線 はい もろい まで ぼうがい. 後 を選択して、 これ プリント配線板 プレート枚 サイズ, に決心させる これ 広場 位置 所属 これ 特殊な セクション.最後に, すべての コンポーネント 所属 これ ぐるりと回って はい の手配を ふさわしい まで これ 機能的 ユニット. これ 場所 所属 特殊な コンポーネント すぐに ありふれた について行く これ 次の 原則:

1)高周波コンポーネント間の接続をできるだけ短くし、その分布パラメータと相互電磁干渉をできるだけ小さくする。干渉しやすい部分は近すぎず、入力と出力はできるだけ遠くにあるべきです。

2)一部の部品や電線は高電位差を有する可能性があるので、放電による予期しない短絡を回避するために、それらの間の距離を増やすべきである。高圧部品はできるだけ離れなければならない。

3) コンポーネント の重さがある 詳細 比 15グラム できます はい 固定された ある かっこ と そしてようせつ.これら 重い と あつい コンポーネント べきである いいえ はい 配置#ハイチ# の上 これプリント配線板,しかし の上 これ 下部 プレート枚 所属 これ プライマリ ボックス, と あつい 散逸する べきである はい 考慮した. あつい セクション すぐに はい 遠い から去る から かねつ コンポーネント.

4)ポテンショメータ、可変インダクタンスコイル、可変コンデンサ、マイクロスイッチなどの可変素子の配置はスパナ全体の構造要求を考慮しなければならない。構造が許可されている場合は、一般的なスイッチのいくつかは手で触れやすい位置に配置されている必要があります。コンポーネントレイアウトは、上部よりも重くなく、バランスがとれていなければなりません。

の場合 これ 成功 所属製品, これ 第1 はい まで 支払い に注意 まで これ 内部的 品質. しかし と考える これ 包括的 ビューティ, 両方 はい かなり 完璧な スパナ, どちら できます になる 成功した 製品.

ポリ塩化ビフェニル

特殊な コンポーネント 所属プリント基板リファレンス まで これ かぎ本 コンポーネント 所属 これこうしゅうはすうセクション, これ ハート形のもの コンポーネント の中に これ ぐるりと回って, これ コンポーネント あの はい もろい まで ぼうがい, これ エキサイティング コンポーネント, これ 高い ホット の価値判断を コンポーネント と いくらか 異性愛者 コンポーネント. これ 位置 所属 これら 特殊な コンポーネント 必要 まで はい 気をつけてください。 解析済み まで 作成#サクセイ# これ ベルト本 レイアウト 満足する これ ぐるりと回って さよう と せいさん 要件. ふさわしくない セット かもしれない 理由 ぐるりと回って 互換性 問題 と シグナル 誠実で正直である. 問題, プライマリ まで プリント配線板 せっけい に失敗.


それは はい 信じる あの たくさんの 人 この に直面 a 問題 いつ 作成#サクセイ高周波プリント配線板: どのように まで 解決する これ 権力 ノイズ ぼうがい高周波についてプリント配線板 プレート枚? 技術者 言う あの それは できます 破壊する これ はっせい 条件#ジョウケン# と 効果的に 鎮圧する 権力 ノイズ ぼうがい.これ 具体的 解決する はい イメージ フォロー:

1)プレートの貫通孔に注意する。スルーホールにより、スルーホールが通過する空間を残すために、パワー層上の開口部をエッチングする必要がある。電源層が大きすぎると、必然的に信号回路に影響を与え、信号をバイパスさせ、回路面積とノイズを増加させる。同時に、一部の信号線が開口付近に集中して回路の一部を共有している場合、共通インピーダンスはクロストークを引き起こす。

2) 位置 これ 権力 ノイズ ろ過器. それは できます 効果的に 鎮圧する これ ノイズ の中に これ 権力 に供給 と 改良 これ ぼうがいせい と セキュリティ 所属 これ システム. の中に 追加#ツイカ#, それは はい双方向のむせんしゅうはすうろ過器, どちら できます いいえ のみ ろ過器 これ ノイズ ぼうがい 紹介 に通じをつける これ 権力 線 (まで 防止する ぼうがい から さらに デバイス), しかし しかも ろ過器 これ ノイズ 生成#セイセイ# に通じをつける それ自体 (まで から漏れる ぼうがい ある さらに デバイス), と 鎮圧する これ テレビドラマ パターン#パターン# ありふれた パターン#パターン# ぼうがい.

3)電源遮断トランス。信号ケーブルの電源回路またはコモンモード接地回路を分離し、高周波で発生するコモンモード回路電流を効果的に分離することができる。

4)パワーレギュレータ。よりクリーンな電源装置を使用すると、電源ノイズを大幅に低減できます。

5)配線。電源の入出力線は誘電体板の縁に配置してはならず、放射線を発生させ、他の回路や装置と干渉しやすい。

6)アナログ電源とデジタル電源は別々にしてください。高周波デバイスは通常、デジタルノイズに非常に敏感なので、電源の入り口で分離して接続してください。信号がアナログ部分とデジタル部分を通過する場合、信号交差点にループを設定してループ面積を減らすことができます。

7)異なるレイヤー間の個別電源の重複を避ける。できるだけずらしてください。そうしないと、電源ノイズは寄生コンデンサを介して容易に結合されます。

8)感知素子を隔離する。位相ロックリング(PLL)などの部品では、電源ノイズに非常に敏感です。電源からできるだけ離れてください。

9)接続線には十分なアース線が必要です。各信号には独自の専用信号回路が必要であり、信号と回路の回路面積はできるだけ小さくなければならない、すなわち信号と回路は平行でなければならない。

10)電源ケーブルを配置します。信号回路を低減するために、電源線を信号線に近づけることでノイズを低減することができる。

11)プリント配線板ボード上の電源ノイズ干渉と電源上の外部干渉による蓄積ノイズを防止するために、バイパスコンデンサは干渉経路上で接地(放射線を含まない)することができ、それによってノイズを地上にバイパスし、他の装置や装置との干渉を回避することができる。


これ 権力 に供給 ノイズ はい まっすぐに または 間接的「かんせつ的」 生成#セイセイ# に通じをつける これ 権力 に供給 と ジャマー ある これ ぐるりと回って. いつ 制限#セイゲン# その 影響の上これ ぐるりと回って, 私たち べきである について行くすべての 道徳的原則, あの はい, の上これと, 私たち べきである 試みる まで 防止する これ 影響 所属 権力 に供給 ノイズの上これ ぐるりと回って. の上これと, 私たち べきであるだから 試みる まで 削減 これ 影響 所属 外部 またはプリント配線板の上これ 権力 に供給 まで から漏れる これ 劣化 所属 権力 に供給 ノイズ.