精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCB技術

PCB技術 - ピーク溶接とは何ですか?

PCB技術

PCB技術 - ピーク溶接とは何ですか?

ピーク溶接とは何ですか?

2023-09-07
View:192
Author:iPCB

ピーク溶接とは、溶融した半田(鉛錫合金)を電動または電磁ポンプによって設計された半田波に噴射し、アセンブリがプリインストールされた印刷板を半田波に通して、アセンブリの半田端またはピンと印刷板の半田パッドとの間の機械的および電気的接続を実現する過程を指す。ピーク溶接に使用されるはんだは、主にはんだストリップからなり、はんだストリップは、溶融した液状のはんだを挿入部品の回路基板のパッドにはんだ付けすることができる。これには、素子ピンを回路基板に溶接することが含まれます。


ピーク溶接


ピーク溶接は、電子部品をプリント基板に溶接するための一般的な表面実装技術である。これは、溶接ペーストを備えたプリコートPCB上の適切な位置にアセンブリを配置し、それをベルトコンベアによって加熱領域に搬送することによって達成される。加熱領域では、PCBは、はんだ波を用いてはんだを素子ピンに接触させ、はんだスポットを形成する。


ピーク溶接の利点

1.自動化程度が高い:ピーク溶接は高度に自動化された溶接技術であり、迅速かつ効果的に溶接任務を完成でき、生産効率を高めることができる。


2.大規模生産に適している:ピーク溶接の自動化程度が高く、溶接速度が速く、大規模電子製品の生産に非常に適している。


3.様々な要素に適用:ピーク溶接はプラグインと表面実装要素を含む異なるタイプの電子部品に適用することができる。


4.溶接コストの更なる低減:ピーク溶接の自動化と効率はそのコストを相対的に低くし、大規模生産においてよりコスト効果を持たせる。


波形溶接の応用

ピーク溶接は通常、電子部品や回路基板などの用途に使用されている。電子産業において、ピーク溶接技術は集積回路、LEDランプ、メモリチップなどの様々なタイプの電子機器を生産するために使用することができる。回路基板生産において、ピーク溶接技術は電子部品と回路基板を溶接して、回路基板全体の機能を実現するために使用することができる。


また、ピーク溶接は自動車電子、医療設備、事務設備、家庭電器などの分野にも応用されている。自動車電子の分野では、ピーク溶接技術は自動車オーディオ、ナビゲーションシステム、自動車コンピュータなどの装置を生産するために使用することができる。医療機器の分野では、ピーク溶接技術を用いて様々なタイプの医療機器を製造することができる。オフィス機器や家電製品の分野では、ピーク溶接技術はコンピュータマザーボード、ディスプレイ、キーボード、マウス、家電回路基板などの生産に使用することができます。


ピーク溶接技術は広く応用されている流行の電子溶接技術であり、電子部品、回路基板、自動車電子、医療設備などの分野に応用でき、高効率、信頼性、環境保護などの利点があり、電子業界で最も一般的な溶接技術の一つである。