精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
PCBボード技術MSDストレージのための注意について
PCBブログ
PCBボード技術MSDストレージのための注意について

PCBボード技術MSDストレージのための注意について

2022-04-27
View:117
Author: ipcb

PCBボード技術MSDストレージ問題, 通常, 配置機械から材料を除去した後, 乾燥した環境に保管されます, 乾いた箱のような, または再び使用されるまで乾燥剤で再包装される. 多くのアセンブラは、デバイスが乾いた環境に格納された後に、デバイスの露出時間を数えるのを止めることができると思っています. 事実上, これは、デバイスが以前に乾いた場合にのみ行うことができます. 事実上, 一度デバイスが長時間(1時間以上)さらされると、 吸収された湿気は装置のパッケージにとどまり、ゆっくりと装置の内部に浸透する, デバイスにダメージを与える可能性があります.

PCBボード

その結果、装置が乾燥環境にある時間は、環境における曝露時間と同じくらい重要であることが明らかになった. 最近, ルーセント技術の射撃とGoodelleはこのトピックについて鋭い紙を出版した. PLCC装置の例としては、湿度レベル5(通常48時間のアンパック寿命)がある。乾貯蔵70時間後, 事実上, わずか16時間の暴露は、その致死湿度レベルを超えます. 研究は、SMD装置がMBBから取り出される, その床の生活は、外部の環境条件とある特定の機能的関係を持っています. 保守的に話すこと, それは、テーブル1に従って厳密に装置を制御するのがより安全です. しかし, 外部環境はしばしば変化する, そして、実際の環境条件は、表1に規定される要件を満たすことができない. 表2は、外部または記憶環境の変更として、デバイスのフロアライフの対応する変化を示す. MSDデバイスが以前に湿気にさらされなかったならば,アンパック後の露光時間は非常に短い(30分以内)。 また、露光環境湿度が30度/60 %, それから、装置は乾いた箱または耐湿性袋に格納されることができます. 乾いた袋に保管されるならば, オリジナルの乾燥剤は、露光時間が30分を超えない限り使用することができます. レベル2〜4のmsds用, 露光時間が12時間を超えない限り, 残留処理の保持時間は露光時間の5倍である. 乾燥媒体は乾燥剤が十分である, または、乾燥キャビネットは、装置を乾燥させるために用いることができる, また、乾燥キャビネットの内部湿度は、10 % RH. 加えて, レベル2の場合, 2 Aまたは3, 指定された床の寿命を超えない場合, 装置が10 % RHの乾燥箱に置かれる期間, または、それが乾いたバッグに置かれる期間は、数えられません. 露光時間内.

レベル5から5 Aのmsds用, 暴露時間が8時間を超えない限り, 再乾燥処理の保持時間は、露光時間の10倍である. あなたは、デバイスを乾燥するのに十分な乾燥剤を使用することができます, または乾燥キャビネットを使用してデバイスを乾燥させる, また、乾燥キャビネットの内部湿度は、5 % RH. 装置の露光時間は、乾燥プロセス後にゼロから計算することができる. 乾燥キャビネットの湿度が5 % RH未満であるならば, それは、無傷のMBB, そしてそのシェルフライフは限られていない. MSDパッケージ多くの企業は、未使用のMSDを再パッケージすることを選択します. 基準要件別, パッケージの基本的な材料条件は、MBB, 乾燥剤, HIC, etc. MSDの異なるグレードのパッケージ要件は異なります. レベル2 A〜5 Aのデバイスは、MBBで封止する前に乾燥(除湿)されなければならない。 乾燥方法は一般にベーキング用乾燥機を使用する. 装置を含むトレイから, トレイトレイなど, チューブ, リールテープ, etc., デバイスと共にMBBに置かれるとき、湿気レベルに影響を及ぼします, これらのトレイも、補償として乾燥されます.

MSDの乾燥方法において一般的に使用される乾燥方法は、ある温度で一定温度で一定の温度乾燥処理を行うことである. また、乾燥し、装置を除湿するのに十分な乾燥剤を使用することも可能である. 異なるMDSの乾燥プロセスは、湿度感度レベルによっても異なります, サイズ, デバイスの周囲湿度条件. 必要に応じて装置を乾燥させた後, MSDのシェルフライフとフロアライフをゼロから計算することができます. MSD露光時間が床寿命を超える時, または他の条件は、温度を引き起こす/要求を超えるMSD周辺湿度, 乾燥方法は、IPC/JEDECスタンダード. デバイスがMBBに封をされることになっているならば, 封をする前に乾燥させなければならない. レベル6 MSDsは使用前に再乾燥しなければなりません、そして、湿気に敏感な警告徴候の指示に従って指定された時間の間はんだ付けされます.

MSDを焼くとき, 以下の問題に注目してください, 高温トレイ(例えば高温トレイトレイ)に設置された装置は、125℃°Cで焼成することができる。メーカーが温度を指定しない限り. 焼成温度は、一般的には、トレイ102に示されている. 低温トレイ(例えば低温トレイトレイ)に設置された装置の焼成温度チューブ, テープは40°C以上ではない。さもなければ、トレイは高温で損害を受けるでしょう. 用紙を取り除く/ビニール袋/125℃でベーキングする前のボックス. 焼成時のESD(静電感度)保護に注意を払う特にベーキングの後, 環境は非常に乾燥し、静電気を発生させるのは簡単です. 焼成時に温度と時間を制御してください. 温度が高すぎるか、時間が長すぎると, デバイスを酸化するのは簡単です, またはデバイスの内部接続で金属間化合物を生成する, それによって、デバイスのはんだ付け性に影響する. 焼成中, 未確認のガスをトレイから排出しないように注意してください, それ以外の場合、デバイスのはんだ付け性に影響します. ベーキング時間を制御することができます焼成中にベーキングレコードを確認してください.

MSD修理用, メインボード上のデバイスを削除する, 局部加熱使用, そして、デバイスの表面温度は、200℃. ある装置の温度が200℃°Cを超え、指定された床の寿命を超えた場合, マザーボードは再工事前に焼きます. 焼成方法は次の段落で説明するフロアライフ内, デバイスが耐えることができて、はんだ付けをリフローすることができる温度は、同じ温度に耐えることができます. デバイスが欠陥解析のために除去されるならば, 上記の勧告に従ってください, それ以外の湿度からの損傷は、欠陥の元の原因をマスクすることができます. 装置が除去の後リサイクルされることになっているならば, 上記の勧告に従ってください. MSDは、いくつかのリフローはんだ付けまたは再加工の後、乾燥の代用品ではありません. いくつかのSMDデバイスとマザーボードは長期高温ベーキングに耐えることができない, いくつかのFR - 4材料, 125℃°で24時間ベーキングに耐えられないいくつかの電池および電解コンデンサも温度に敏感である. これらの要因を考慮に入れる, 適切な焼成方法を選択 PCBボード.


(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。