精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
PCBボードからの放射について
PCBブログ
PCBボードからの放射について

PCBボードからの放射について

2022-05-05
View:120
Author:ipcb

信頼できる作業回路を確実にすることに加えて, 年代の電磁両立性設計の主な目的 PCBボード 回路基板の電磁放射を低減し、機器が関連規格に適合することを保証することである. 回路の電磁放射効率は高いので, 受信効率も高い. したがって, 回路基板の電磁放射は、設計上抑制される, また、回路基板の干渉防止能力も対応している。回路基板から放射される放射線は、主として PCBボード 跡と私/ケーブル. コモンモードと差動モード電流を先に導入した. これらの2つの電流のモードから, 放射は2モードに分けられる. 差動モード放射:回路動作電流が信号ループに流れるとき、電磁放射が発生する. 電流は差動モードである, したがって、発生する放射線は微分モード放射と呼ばれるコモンモード放射:信号を伝達する導体の電位が隣接する導体の電位と異なるとき, 電流は互いに発生する. どんな導体接続なしでも, 寄生容量による高周波電流の流れ. この電流をコモンモード電流と呼び、発生する放射線をコモンモード放射線と呼ぶ. ケーブルの放射線は、主にコモンモード放射線に基づいている. 微分モード放射を解析するための電流ループモデルの使用, 近接場及び遠方場領域の放射電磁界をそれぞれ得ることができる. 同じように, コモンモード放射解析, 近接場領域と遠方場領域の放射電磁場をそれぞれ得た.


PCBボード


上記の放射線は実際の応用回路状況に完全に対応しない, 公式の導出は単一ワイヤモデルで, 回路インピーダンスは近接場で無限大である, とカレントループモデル, 回路が短絡している. 実際の回路で, 回路は理想的なループではない, それは完全に開いたワイヤーでもありません. したがって, 理想モデルを用いた放射推定は近接場で大きな誤差を持つ. 現実および理想モデルに起因する誤差を補正するために, 近接場と遠方場の補正線計算モデルを以下に示す. 加えて, 電磁両立性標準, 放射線の強さは通常電場の強さによって特徴づけられる. 実際に, 電界強度が制限される限り, この回路は電磁両立性規格を満たすことができる. ヒア, 一般的に使用される式は微分モード放射予測式, これは、回路の差動モード放射が放射線を電磁両立性標準を超えるかどうかを予測するために使用される. E = 2.6 IAF 2/ディー(μV/m), 公式によると, 微分モード放射を低減することは、差動モード電流I 1を制御することである, 周波数fまたはループ面積. 低電力チップの使用, バッファを使用することによって、差動モード電流Iを低減することができる低速チップの使用, 回路の周波数を減少させることによって. しかし、両方のメソッドは、実際には一定の制限があります. 残りの現実的な手段は、信号のループ領域を制御することである. これは、設計者がチップを選択する際に可能な限り大規模集積回路を使用することを必要とする, 表面実装技術によるチップの使用, 座席を使わずに, etc.; 一方で, 回路基板を配線するとき, 信号ループの領域を制御しようとする. 一般的に使用されるコモンモード放射予測式はE = 1である.26 ilf/D. 同様に, 上記の式の3つのパラメータが制御される限り, コモンモード放射を低減する規格は達成できる. コモンモード電圧が一定のとき、コモンモードチョークコイルを使用してコモンモード電流経路のインピーダンスを増加させることができるまたは、ケーブルの使用の要件を満たす前提の下でできるだけ短くすることができます PCBボード.


(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。