精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
PCBボードのウェットプロセスと表面処理について
PCBブログ
PCBボードのウェットプロセスと表面処理について

PCBボードのウェットプロセスと表面処理について

2022-06-20
View:73
Author:ipcb

1 .研磨剤、ブラシ

前洗浄のために様々な材料が使用される PCBボード 表面と銅表面のブラッシング、ポリマー不織布、エメリーと混ざる不織布は様々な種類の砂のない材料を含む研磨剤と呼ばれる。しかし、この種のブラシ材料の砂と混合した力は、しばしば銅表面に注入される。それによって、次のフォトレジスト・レイヤーまたは電気メッキレイヤーの粘着性およびはんだ付け性の問題を生じることだ。添付図面は、砂粒子と混合したブラシ材料繊維の概略図である。


PCBボード


2.エアナイフ

様々なプロセスのオンラインユニットのアウトレットでは、高温と高圧空気のナイフエッジが頻繁に空気のナイフを吹き飛ばすために、それはすぐに運ぶことを容易にすることができる。基板の表面を乾燥し、酸化の機会を減らす。


3.消泡剤

ドライフィルム現像剤の洗浄工程などのPCB製造工程では、多量の有機フィルム材料の溶解により多量の泡が発生し、抽出・噴霧時に空気が混入し、処理に対して非常に不都合である。除菌剤としてオクチルアルコールやシリコーンなどの浴の表面張力を低減するために、現場操作のトラブルを軽減するために化学薬品を添加する必要がある。しかしながら、シリコン酸化物のカチオン界面活性剤を含有するシリコーン樹脂は、金属表面処理には適していない。銅の表面に接触した後に清浄になることは容易ではないので、その後のコーティングの接着不良やはんだ付け性などの問題が生じる。


4.接着性接着層

その後の層:接合される(または接合される)表面を指し、良好な接着強度を達成し維持するために良好な清浄性を維持しなければならない。


5.エッチング

エッチング液中に添加された有機添加物は、水流が弱い線の両面に膜密着性を発揮する役割を果たし、ポーションによる力を弱め、横侵食度を低減する(CMDercut)。微細線エッチングのための重要な条件であり、このエージェントは主に供給者の秘密である。


6.ブライトディップグロスディップ処理

それは滑らかで明るい表示されるように金属表面にわずかにかむの一種だ。お風呂のウェット処理を呼ぶ。


7.化学的ミリング

これは、化学的湿式浴法を使用して、表面粗さ、深いエッチング、または精密な特別なレジストを適用するなどの金属材料上の様々な程度の腐食処理を実行し、その後、選択的にエッチングなどを行い、いくつかの機械的加工方法の代わりに、化学的ブランキングまたは光化学加工(PCM)技術として知られている。高価な金型のコストと準備時間を節約するだけでなく、残留応力のトラブルを排除する。


8.塗膜、塗膜、表面層

しばしば、基板の表面に施された処理層を指す。広い意味では、任意の表面処理層を指す。


9.転換塗装

それはいくつかの金属表面を意味する。そして、それは単に特定の浴に浸すだけで化合物の保護層を形成するために表面で変わることができる。例えば、鉄表面のリン酸化処理、亜鉛表面のクロメート処理、又はアルミニウム表面の亜鉛処理等を後の表面処理層の「プライミング」として用いることができる。また、接着性を高め、耐食性を高める効果もある。


10.脱脂

伝統的に、それは金属物が電気メッキされる前に機械的処理によって残った多くの油汚れを取り除く必要性を意味する。一般に、有機溶剤の「蒸気脱脂」法や乳化液の浸漬脱脂法がよく用いられる。しかし、全ての処理工程において、金属めっきとは全くほとんど触れないので、回路基板プロセスにおける脱脂の必要性はない。これは、ボードの前処理はまだ“クリーン”の処理を使用する必要がある。それは正確にコンセプトの脱脂と同じではない。


11.エッチング因子、エッチング機能

銅エッチングのフロントダウンエッチングに加えて、エッチング液は、アンダーカットと呼ばれるラインの両側の保護されていない銅表面をも攻撃するので、マッシュルームのようなエッチング欠陥を引き起こす。エッチング因子は、品質の指標としてエッチングである。エッチング係数は、米国(主にIPC)では、ヨーロッパの解釈の正反対として使用される。アメリカ人は、それが「エッチエッチ深さに対する正のエッチ深さの比率」であると言う。それで、アメリカ人は「エッチング要因」がより大きいと言いますヨーロッパの定義は正反対だ。しかし、より小さな「要因」、より良い品質。それは間違って取得するのは簡単だ。


12.エッチング液エッチング

回路基板業界では、銅層をエッチングするための化学浴を指す。現在、酸銅塩化物溶液は、基板表面または片面ボードに使用されており、基板表面を清潔に保ち、管理を自動化することができる利点がある(片面盤もまた、酸性塩化第二鉄が使用される利点がある)。両面または多層基板の外層は、耐食性として錫及び鉛を使用するので、銅の腐食品質も大幅に改善される。


13.エッチング指針

エッチングがオーバーエッチングされたか、またはエッチングされているかに注意を払う特別なくさび形のパターンである。この種の特定の指針は、エッチングされるプレートのエッジに添加されることができるか、いくつかの特別にエッチングされたサンプルを操作バッチに添加することができて、エッチングプロセスを理解して、改良することができる。


14.エッチングレジスト

銅箔の一部は、腐食から保護される部分であり、画像転写用フォトレジスト、ドライフィルム、インクパターン、錫−鉛被膜等の銅表面に形成された耐蝕膜層は全て耐蝕防止剤である。


15.硬質陽極酸化処理

また、「硬質陽極処理」として知られているが、低温陽極処理液(硫酸15%、シュウ酸5%、温度10℃、低温電極用リードプレート、陽極電流密度15 ASF)に純アルミニウムまたは一部のアルミニウム合金を配置することを指し、1時間以上の長時間の電解処理後、1〜2ミルの厚さの陽極酸化膜を得ることができる。これは、高い硬度(IE結晶A 12 O 3)を有し、再び染色して密封することができる。それは、良い腐食と装飾的な処置方法であるアルミニウム材だ。


16.硬質クロムめっき

耐摩耗性及び潤滑性の工業用途のための厚いクロムメッキを指す。通常の装飾的なクロムメッキは光沢のあるニッケル表面に約5分間適用することができる。それ以外の場合はあまりにも長い亀裂を引き起こす。ハードクロームは数時間動作することができる。伝統的な浴組成は、croch 3250 g/1+h 2 so 410 %であるが、60〜80℃まで加熱する必要があり、陰極効率は10 %程度である。このため、他の電気は多量の水素を発生させ、クロム酸と硫酸で構成される多量の有害な濃霧を発生させ、また、大量の黄色い汚水汚濁を水洗する。廃水は厳重に処理してコストアップする必要があるが、硬質クロムめっきは多くのシャフトやドラムに耐えるコーティングであり、完全に廃止することはできない。


17 .全体の表面の多くの仕上げ、多くの研磨

多くの小さな金属製品のために、慎重に端と角を除去して、傷を除去して、電気メッキの前に表面を磨く必要がある。完全なベースを成し遂げるために、外観はメッキの後、美しいと腐食防止効果だ。通常、メッキ前のベースの研磨は、大きな車輪を手動で機械的に行うことができる。しかし、多数の小片を有するものは、自動装置の処理に頼らなければならない。一般的に、小片は、様々な形状のセラミックスからなる「研磨媒体」(研摩材)と混合され、斜めの位置でゆっくりと回転する様々な防錆液が注入される。擦ることによって、表面の全ての部分の研磨および仕上げは数十分以内に完了することができる。注ぎ込まれて、分離されたあと、それはローリングメッキのために樽メッキタンク(樽)にロードされることができる。


18.マイクロエッチング

回路基板のウェットプロセスの駅だ。目的は、銅表面に異物を除去することだ。通常、100 mm×1インチ以下の銅層をエッチングする必要がある。一般的に使用されるマイクロエッチング剤は「過硫酸ナトリウム」(SPS)又は希硫酸+過酸化水素である。また、「微小断面」顕微鏡観察を行う場合には、高張力下の各金属層の構造を見るためには、研磨された金属部分をマイクロエッチングする必要があり、真実は明らかになる。この用語は、時々softetchingまたはmicrostrippingと呼ばれる。


19.マウス咬傷

これは、マウスに噛まれた後の咬傷マークのように、エッチング後の線の縁の不規則な隙間を指す。これは最近、米国のPCB業界で人気を呼んだ非公式の用語だ。


20.溢流オーバーフロー

タンク内の液の液面はタンク壁の上縁上を上昇し、オーバーフローと呼ばれる。回路基板ウェットプロセス(ウェットプロセス)の各洗浄ステーションにおいて、タンクは、いくつかの部分に分割されており、それは汚れた水からオーバーフローによって洗浄され、水を節約するために何度も浸漬することができる。


21.パネルプロセスフルプレート電気めっき法

回路基板の正則の部分的なプロセスにおいて、これは直接エッチングによって、外層回路を得ることの実行である。穴エッチングをカバーするために穴壁正の皮膜乾燥膜の上に1 milにPTH完全な板厚の銅メッキをしてください。裸の銅回路の外の層板を得るために、フィルムを取り外してください。この正膜法の工程は非常に短く、二次銅、鉛錫めっき、錫鉛剥離の必要性はなく、実際には非常に容易である。しかし、細い線は良好ではなく、エッチング処理も困難である。


22.パッシベーションパッシベーション、パッシベーション処理

金属表面処理の用語であり、これはしばしば、硝酸及びクロム酸の混合物中のステンレス鋼物体の浸漬を意味し、基板をさらに保護するために薄い酸化膜の形成を強いる。それに、絶縁層はまた、半導体の表層の上に形成されることができる。その結果、トランジスタの表層が電気的で化学的に絶縁されることができて、そのパフォーマンスを改良することができる。このような表面膜の形成もパッシベーション処理と呼ばれている。


23.パターンプロセス回路電気めっき法

回路基板を縮小法で製造する別の方法である。その過程は以下の通りである。ネガフィルム法による二次銅と錫の鉛めっきのこのパターンは,様々な回路基板製造プロセスの主流である。他の理由はない。なぜなら、それはより安全な練習であり、問題を起こしにくいからです。長い工程については、錫めっき、錫ストリッピングなどの付加的なトラブルが既に二次的な問題である。


24.水たまり効果

これは、基板が水平搬送中であるとき、板を噴霧して上下にエッチングする際に、基板の上面がエッチング液を溜めて水分膜の層を形成し、後に吹き付けられたエッチング液の効果を阻害し、空気中の酸素を遮断することである。パワーブーストによって不十分なエッチング効果が得られ,その腐食速度は下面への噴霧速度より遅い。この水膜の負の効果は水たまり効果と呼ばれる。


25.逆電流クリーニング逆電流電解洗浄

洗浄液中に金属作業を掛ける陽極であり、陰極としてステンレス鋼板を使用する。電解で発生した酸素は、タンク液中の金属作業の溶解(酸化反応)に協力し、その表面を除去する。クリーニングは、このプロセスはまた、“アノードクリーニング”アノード電解洗浄と呼ばれることができますそれは金属表面処理のための一般的に使用される技術である。


26.洗浄液洗浄

湿式法では、各槽内の薬品の相互干渉を低減するため、種々の処理の品質を確保するために種々の中間遷移部を徹底的に洗浄する必要がある。洗浄方法はリンスと呼ばれている。


27.サンドブラスト

高速気流で噴出した各種微粒子を搬送し、表面洗浄法として物体表面に噴霧する強力な空気圧を使用する。この方法は、金属の錆の除去のために使用することができるか、または非常に便利です難しい汚れを落とすなど。砂の種類は、金粉砂、ガラス砂、クルミ粉などである。回路基板産業では、軽石粉末を水と混合し、洗浄のためにボードの銅表面に噴霧する。


28.サテン仕上げ

光沢の効果を達成するために様々な処理の後、オブジェクト(特に金属表面)の表面を指す。しかし、この処置の後、それは完全な明るさ状態のような鏡でなく、半光沢状態だ。


29.スクラバーグラインダーグラインダー

通常は、基板表面にブラッシング動作を行う装置で、研削、研磨、クリーニング等を行うことができる。


30.シーリング

アルミニウム金属が希硫酸で陽極酸化された後に、その表面上の結晶性アルミナの「セル層」はセル・オープニングを有する。その後、再び熱水に浸漬し、アルミナを結晶水に吸収して体積を大きくすることでセル開口を小さく絞って色を閉じて耐久性を高め、シールと呼ばれる。


31.スパッタリング

陰極スパッタリングは陰極スパッタリングの略称であり、高真空環境及び高電圧条件下では、カソード内の金属表面原子がボディから離れ、イオンの形態でプラズマを形成し、次いで表面に走行する。陽極で処理され、陰極スパッタリングコーティング法と呼ばれる表面に均一に付着した膜の層に蓄積される物体は、金属表面処理の技術である。


32.ストリッパーストリッパーストリッパー

金属メッキと有機膜のために液体を剥離すること、またはエナメル線のためのストリッパーを指す。


33.表面張力

液体の表面、すなわち凝集力の一部における分子レベル内向き引力を指す。液体と固体との界面でのこの表面張力(収縮)力は、液体が広がるのを防ぐ傾向がある。回路基板湿式処理の前処理用の洗浄浴液については、まず表面張力(収縮)力を低下させる必要があり、基板表面と孔壁は濡れの効果を容易に得ることができる。


34.界面活性剤表面湿潤剤

ウエット工程で種々の浴溶液に表面張力を減少させるための薬液を添加し、貫通孔の気孔の濡れを助長する。


35.超音波洗浄

ある種の洗浄液に超音波振動のエネルギーを印加して半真空気泡(キャビテーション)を発生させ,この泡の摩擦力と微小攪拌力を用いて洗浄対象物のデッドコーナーを同時に機械的性質も発生させる洗浄効果だ。


36.アンダーカットアンダーカット

本来の意味は、人造伐採の初期において、斧は根の両側から徐々に大きな木を切り倒すのに用いられ、アンダーカットと呼ばれたことを意味する。pcbボードでは、エッチング工程に用いられる。表面導体をレジストの覆いの下にスプレーすると、エッチング液は理論的に上下に、あるいは上方に攻撃されるが、ポーションの影響は方向性を持たないので、横方向の腐食が起こり、腐食後の導体線がアンダーカットと呼ばれる断面上の両側に押込される。しかし、インク又はドライフィルムのカバーの下でのみ、銅表面の直接エッチングに起因するサイドエッチングは真のアンダーカットであることに留意すべきである。一般に、レジストが除去され、エッチングされると、二次銅及び錫鉛がパターンプロセスにおいてメッキされた後、二次銅及び錫鉛は両側から外側に成長することができる。内部侵食の損失は負の線幅によって計算することができ、外側の広がり部分を含めることはできない。この回路基板製造工程における銅表面エッチングにおける欠陥に加えて、ドライフィルムの開発中も同様のサイドエッチングがある。


37.水割り

基板表面の油汚れをきれいにすると、水面に浸漬した後に表面に均一な水膜が形成され、基板や銅表面との密着性が保たれる(接触角が小さい)。通常、直立に立つと約5~10秒程度の完全な水膜を維持できる。水膜を平坦にした場合には、きれいな銅表面を10〜30秒間維持することができる。汚れたボードに関しては、平らにしてもすぐに「水ブレーク」となり、不連続で凝集した「脱濡れ」現象を示す。汚れた表面と水体の間の接着は、水体そのものの凝集を相殺するのに十分でないので。ボードの清浄性をチェックするこの簡単な方法を水ブレーク法と呼ぶ。


38 .湿式発破

金属表面の物理的洗浄方法、高圧ガス駆動は PCBボード 製造工程はこのカテゴリーに属する。


(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。