精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
PCBボードスタックアップのバランス設計法について
PCBブログ
PCBボードスタックアップのバランス設計法について

PCBボードスタックアップのバランス設計法について

2022-07-11
View:46
Author:ipcb

デザイナーが奇数層を設計 PCBボードに対して、ルーティングが余分な層を必要としないなら、なぜそれを使用する? 層を減らすことはボードシンナーを作る?少ない回路基板があればコストは低くないだろうか? しかし、場合によっては、層を追加すると、実際にコストを下げることができる。回路基板の2つの異なる構造がある。コア構造と箔構造です。コア構造内、回路基板の全ての伝導のレイヤーは、コア材料におおわれているフォイルクラッド構造中、回路基板の内側導電層のみがコア材料10に被覆される。そして、外側の伝導のレイヤーは、箔コーティングされた誘電体ボードでおおわれている。全ての導電層は、多層積層プロセスを使用して誘電体を介して接合される。核物質は工場の両面箔である。なぜなら、それぞれのコアは2つの側面、完全に利用されるとき、PCB上の導電層の数は偶数である。なぜ片側に箔を使用しないとコア構造を残りの部分? 主な理由は、コストです PCBボード。そして、曲率 PCBボードだ。


PCBボード


偶数層板のコストアドバンテージ

誘電体および箔の1層が少ないため、奇数PCBsの原料コストは偶数PCBの場合より若干低い。しかし、奇数層pcbボードの処理コストは偶数層pcbボードの処理コストよりもかなり高い。内層の処理コストは同じである。しかし、箔/コア構造は、外層の処理コストを著しく増加させる。奇数層PCBボードは、コア構造プロセスに基づいて非標準積層コア層ボンディングプロセスを追加する必要がある。コア構造の外側に箔を追加する工場は、コア構造に比べて生産性を失うことになる。外側コアはラミネーションボンディングの前に追加の処理を必要とし、それは外層上での傷及びエッチングのリスクを増大させる。


バランスのとれた構造は曲げを避ける

奇数層を有するPCBを設計しない理由は、奇数層基板が曲げやすい傾向があることである。多層回路ボンディングプロセスの後にPCBボードが冷却されると、コア構造および箔クラッド構造の異なる積層張力は、PCBボードをバックルすることができる。基板の厚さが増加するにつれて、2つの異なる構造を有する複合PCB基板を曲げるリスクが増加する。ボードフレックスを除去するための鍵は、バランスの取れたスタックです。一定の曲率を有するPCBボードは、仕様要件を満たしているが、その後の処理効率が低下し、コストが増大する。アセンブリのために特別な装置とプロセスが必要であるので、コンポーネント配置の正確さは減らされる。


偶数層のPCBを使う

奇数のPCBボードが設計に現れるとき、平衡スタッキングを達成して、PCB製造コストを減らして、PCBボード曲げを避けるために、以下の方法を使用できる。好みの順に次のメソッドを一覧表示する。

1)信号層と使用の1層。この方法は、設計PCBボードの電源層が偶数であり、信号層が奇数ならば使用できる。追加された層はコストを増加させず、リードタイムを短縮し、PCBボードの品質を向上させることができる。

2 )追加のパワーレイヤを追加する。この方法は、設計PCBのパワープレーンが奇数で、信号プレーンが偶数であれば使用することができる。これを行う簡単な方法は、スタックの中央に他の設定を変更せずに、フォームを追加することだ。まず、奇数層に従ってPCBをルートし、下地層を中央にコピーし、残りの層をマークする。これは厚膜箔の電気的特性と同じである。

3 ) PCBスタックの中央付近に空白の信号層を追加する。この方法は、スタッキングアンバランスを除去し、PCBボードの品質を向上させる。最初に奇数層をたどり、その後、空白の信号層を追加し、残りの層をマークする。それは、マイクロ波回路と混合媒体(異なる誘電率の媒体)回路で使われる。

 PCBボード


(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。