精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - PCBプロセスSMT PoP-CoCの3つの自動溶接プロセス

PCBブログ

PCBブログ - PCBプロセスSMT PoP-CoCの3つの自動溶接プロセス

PCBプロセスSMT PoP-CoCの3つの自動溶接プロセス

2023-03-29
View:169
Author:iPCB

一般的によく見られるSMTの設置方法は、大根と穴で、1つの土地に平屋建てしかできないことを意味しています。しかし、近年、電子部品のパッケージ技術は急速に変化し、サイズ要件はますます小さくなっている。そのため、回路基板を使用して部品を接続し、LGAパッケージなどの一般的なSMD部品として最終回路基板に貼り付ける技術がよく見られます。また、別の部品を部品に接続する音が聞こえることもあります。1つのBGA部品が別のBGA部品に接続されているとよく耳にします。このパッケージ技術は一般的にPoP(パッケージ上のパッケージ)と呼ばれ、建築に似ています。1枚の土地を2層以上覆うことができる。

界面活性剤

しかし、CoC(チップオンチップ)と呼ばれる新しいSMTプロセスが残っている。もう1つのBGAがBGAに接続できる以上、SMT機器を用いた自動重畳溶接の目的を実現するために、小さなコンデンサや小さな抵抗器などの小さなチップを使用することもできますか。


BGA部品メーカーは通常、BGAのPoPプロセスを必要とするため、多くの半田バンプがBGAパッケージの上に直接成長し、別のBGAとの溶接に使用されますが、BGA自体にも半田ボールがあります。そのため、SMT機器は特別な調整をする必要がなく、B/P(ボトムパッケージ)下のBGAの上のPoPのT/P(トップパッケージ)にBGAを当てることができ、リフロー炉温度を適切に調整すれば、溶接の成功率は非常に高い。


しかし、一般的な小抵抗器/コンデンサ/インダクタには2つの小部品を溶接するのに十分な半田がないため、2つの部品の間に半田ペーストをどのように印刷するかが大きな問題となっている。しかし、人々はいつも解決策を考え出すことができて、私は本当にこれらのエンジニアに感心しています。下の画像を見ると、これまでワーキングベアは実際にそれを実現していないが、誰かがそれを成功させたと聞いて面白い。


CoCの目的はL/C/R部品を並列させることです。一般に、抵抗器とコンデンサの重畳溶接間が並列に接続される可能性は低い。キャパシタとキャパシタが重畳して溶接並列に接続されると、キャパシタ値を増加させることができる。大きな容量を持つ部品の中には、高価すぎるか、まったく使用できないものもあるので、並列容量を考慮することができます。ゼロ出力RC並列またはLC並列には機能要件があります。


CoCの実現方法:手動溶接を考慮せずにSMTを用いた自動溶接を完全に考慮する。SMTマシンは修正が必要な場合があります。それを実現するためにSMTメーカーにプログラムを修正するように要求することができます。上図を参照すると、B/C(ボトムチップ)は下部、T/C(トップチップ)は上部である。最初に、ペーストはB/CとT/Cのパッドにそれぞれ印刷され、B/CとT/Cは基板上のそれぞれの位置に印刷されます。次に、SMTマシンのノズルを使用して回路基板からT/C部品を吸い出し、B/Cの上部に重ねます。このとき、最初にプリント基板に印刷された半田ペーストの一部は、B/CとT/C部品を半田付けするためにT/Cの端に染色されるべきである。SMTマシンのピックアップと配置手順を調整するほか、T/Cに最初に印刷された半田ペーストの量を最適化し、調整する必要がある場合があります。