精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - なぜほとんどのPCBボードは緑色なのか

PCBブログ

PCBブログ - なぜほとんどのPCBボードは緑色なのか

なぜほとんどのPCBボードは緑色なのか

2023-03-31
View:176
Author:iPCB

ほとんどのPCBボードは緑色で、他の色の回路基板は比較的少ないことに気づいているかどうか分かりません。どうしてそうなの?ブラックPCBボードはハイエンド製品を代表するという人もいる。事実は本当にそうですか。プリント基板は、通常、パッド、ビア、ソルダーレジスト、スクリーン層、銅線、各種コンポーネント、およびその他のコンポーネントから構成されています。ソルダーレジスト層とは、プリント基板に緑色の油を塗布する必要がある部分のことです。実際、ソルダーレジストインクは緑だけでなく、赤、黄色、青、紫、黒などがありますが、緑が最も一般的です。

ブラックプリント配線板

ブラックプリント配線板

ソルダーレジスト層の機能:

1)導体回路の物理的な切断を防止する、

2)溶接過程において、架橋接続による短絡を防止しなければならない。

3)溶接材料の無駄を避けるために、溶接しなければならない部品のみを溶接する、

4)溶接材料タンクの銅汚染を減少する、

5)ほこり、湿気などの外部環境要素による絶縁劣化と腐食を防止する、

6)高い絶縁性により、高密度な回路を実現することができる。


なぜほとんどのPCBボードは緑色なのでしょうか。主な理由は次のとおりです。

1.緑色は目に刺激性がほとんどない。小さい頃から、私たちの先生は緑が私たちの目に良いことを教えてくれて、目を保護して、疲れに抵抗することができます。PCBボードを長時間見つめていると眼精疲労が生じにくく、目へのダメージが少ない。

2.コストが低い。グリーンは生産過程で主流であるため、天然グリーン塗料の購入量はより大きくなり、他の色に比べてグリーン塗料の購入コストはより低くなる。また、同じ色の塗料を使った大規模な生産も、交換コストを削減することができます。


黒いpcbボードの方がハイエンドですか?

2007年頃からPCBボードの色に注目が集まっている。これは主に、ASUSTeKや米星などの大工場のハイエンドバージョンがブラックPCBカラーデザインを採用しているため、ブラックPCBボードはハイエンドに違いないと考えられてきたからだ。しかし、実際には、このような見方は正しくありません。黒のプリント配線板と他の色のプリント配線板(例えば、緑のプリント配線板、青のプリント配線板、黄色のプリント配線板)との違いは、最終的に塗布されるソルダーレジスト塗料の色である。PCBの設計と製造プロセスが同じであれば、色は性能や放熱に影響を与えません。ブラックPCBでは、表面配線がほぼ完全に覆われており、後期メンテナンスに大きな困難をもたらしています。そのため、ブラックPCBは製造や使用に不便な色です。また、ブラックPCBの穴合わせは最も難易度が高いため、良品率は他のカラーPCBより相対的に低いため、ブラックPCBの価格は相対的に高価である。「色はハイエンドまたはローエンド製品を表す」という言い方は、メーカーがブラックPCBを使用してハイエンド製品を製造するのが好きで、赤、青、緑、黄色を使用してローエンド製品を製造するのが好きだからです。つまり、製品は色ではなく色の意味を与えている。黒のpcb板であれ緑のpcb板であれ、良い板は良い性能と放熱性能を持っている。