精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ
磁気ビーズについて
PCBブログ
磁気ビーズについて

磁気ビーズについて

2022-06-09
View:96
Author:ipcb

磁気ビーズは、信号線および電力線上の高周波PCBボードのノイズおよびスパイク干渉を抑制するように設計され、また、静電パルスを吸収する能力を有します。磁気ビーズは、いくつかのRF回路、PLL、超高周波メモリ回路(DDR SDRAMRambusなど)を含む発振器回路などの超高周波信号を吸収するために使用され、磁気ビーズをパワー入力ポートに追加し、インダクタンスは一種の記憶装置です。LC発振器回路、媒体および低周波数のフィルタ回路などで使用されています。磁気ビーズの機能は主に伝送線路構造(pcb基板回路)に存在するrf雑音を除去することです。RFエネルギーは、DC伝送レベルに重畳されたAC正弦波成分であり、DC成分は所望の有用な信号であり、一方、無線周波数RFエネルギーは、ラインに沿った無駄な電磁干渉送信および放射線(EMI)です。この不要な信号エネルギーを除去するために、チップビーズは、AC信号をフィルタリングしながらDC信号を通過させる高周波抵抗器(減衰器)として機能します。通常、高周波信号は30 MHz以上であるが、低周波信号もチップビーズの影響を受けます。

PCB board

チップ磁気ビーズは高抵抗率のモノリシック構造を構成する軟磁性材料からなります。渦電流損失はフェライト材料の抵抗率に反比例します。渦電流損失は信号周波数の二乗に比例します。チップビーズ使用の利点:RF雑音周波数範囲における小型化と軽量高インピーダンス、送電線におけるEMIの除去信号交差巻線をより良く除去するための閉磁気回路構造優れた磁気シールド構造です。有用な信号の過度の減衰を避けるために、DC抵抗を減少させます。高周波増幅回路において顕著な高周波特性とインピーダンス特性(より高エネルギーの除去)です。有効動作は数MHz〜数100 mhzの周波数範囲です。

 

磁気ビーズを正しく選択するには、以下の点に留意する必要があります。

 

1.不要信号の周波数範囲はなんですか。

 

2騒音源はどこか。

 

3.どれだけのノイズの減衰が必要ですか。

 

4.環境条件(温度、直流電圧、構造強度)は何ですか。

 

5.回路および負荷インピーダンスは何ですか。

 

6 .磁気ビーズをPCBボードに配置するスペースがあるかどうか。

 

最初の3つは、製造者が提供するインピーダンス周波数曲線を観察することによって判断することができます。すべての3つの曲線はインピーダンス曲線、すなわち抵抗、誘導リアクタンス及び全インピーダンスで非常に重要です。全インピーダンスは、Zr 22−CHENFL 2+=FLで説明します。このカーブから、雑音を減衰させて、低周波数とDCで信号減衰を最小にしたい周波数範囲でインピーダンスを持つビーズモデルを選んでください。直流電圧が大きすぎるとチップ磁気ビーズのインピーダンス特性が影響を受けます。また、加工温度が高すぎたり、外部磁界が大きすぎると、磁気ビーズのインピーダンスが悪影響を受けます。

 

チップビーズとチップインダクタを使用する理由:チップビーズまたはチップインダクタを使用するかどうかは、主に用途に依存します。チップインダクタは共振回路に要求されます。不要なEMIノイズを除去する必要がある場合には、チップビーズの使用が選択されます。

 

チップビーズとチップインダクタの応用

 

①チップインダクタ:無線周波数(RF)と無線通信、情報技術機器、レーダー探知器、自動車エレクトロニクス、携帯電話、ページャ、オーディオ機器、PDAPersonal Digital Assistants)、無線リモートコントロールシステム、および低電圧電源モジュールに使われます。

 

②チップビーズ:クロック発生回路、アナログとデジタル回路の間のフィルタリング、I / O入出力コネクタ(シリアルポート、パラレルポート、キーボード、マウス、長距離通信、ローカルエリアネットワーク)、干渉傾向論理デバイス間の無線周波数(RF)回路、電源回路における高周波干渉のフィルタリング、コンピュータ、プリンタ、ビデオレコーダー(VCR)、テレビシステムとPCBボードの携帯電話のEMI雑音抑制に使われます。



(株)iPCBはPCB&PCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。