精密PCB製造、高周波PCB、高速PCB、標準PCB、多層PCB、およびPCBアセンブリ。
最も信頼性の高いPCB&PCBAカスタムサービスファクトリー。
PCBブログ

PCBブログ - PCBにおけるピーク溶接の構造と原理

PCBブログ

PCBブログ - PCBにおけるピーク溶接の構造と原理

PCBにおけるピーク溶接の構造と原理

2023-01-13
View:255
Author:iPCB

現在, ピーク溶接は通常、 PCBボード システムのインストール, フラックスコーティングシステム, ウォームアップシステム, ようせつシステム, 電気機械構造システム.


ピーク溶接の原理及び構造組成

1.. PCBボード マウントシステム

それは主に軌道からなり、軌道は機械的または電気的に制御することができる。溶接されたPCBは軌道上で円滑に動作することができる。

PCBボード

2.フラックスコーティングシステム

PCBにフラックスを塗布するための一般的な方法としては、発泡剤、スプレーなどが挙げられる。


3.予熱システム

よねつ PCBコンポーネント, 高温はフラックス中の溶媒を急速に揮発させ、フラックスを活性化させる, pcbパッドと部品の溶接端の正酸化物層を除去する, 高信頼性溶接のための基礎を築く.


4.溶接システム

溶接システムはピーク溶接機の最も重要な部品の一つであり、溶接操作を完了する重要な構成部分でもある。ピーク溶接の基本原理は、ポンプの半田槽中の攪拌作用を捉え、溶融した液状半田を特定形状のピーク半田に形成し、コンポーネント付きPCBをコンベア上に挿入し、特定の角度と一定の浸漬深さで半田ピークを通過し、溶接を実現することである。初期のピーク溶接機は単一ピーク溶接機と呼ばれる出口が1つしかなかった。現在、使用されているピーク溶接機には2つの出口があり、ダブルピーク溶接機とも呼ばれています。2波溶接機の前の出口のスズ波形はパルス上向きである。その目的は、溶接点を急速に加熱し、同時に溶接材料を垂直方向に部品と一緒にパッドに衝撃させることであるが、このファッションは信頼できる溶接点を形成していない。2波フラックスの最後の排出口のスズ波の形状は比較的平坦で、溶接点は平坦なスズ波の中でより均一に加熱され、溶接材料は十分に濡れ、これにより、より信頼性の高い溶接点が形成される。初期の平面波には異なる波形があり、その中のいくつかの波形はギリシャ文字の「島」に似ており、「島波」と呼ばれ、その波形は平坦で開放的である、ギリシャ文字の「島」に似た波形があり、「島波」と呼ばれています。島波は主にはんだ出口に取り付けられた振動源であり、はんだ箔表面に小さな振幅振動を引き起こす。その振動は溶接機能を増加させ、溶接材料が素子のピンを濡らし、溶接デッドスペースの問題を効果的に解決することができる。しかし、密度が高すぎたり、高低部分間の差が大きい場合は、効果は明らかではありません。ピーク溶接機の排出口にも気泡があるので、気泡スズ波とも呼ばれる。彼の原理は、スズタンクの底からスズタンクに空気や窒素ガスを注入し、無数の小さな気泡を含むスズ波を発生させることだ。これらの気泡ははんだと一緒に浮遊し、高い運動エネルギーを持っているので、はんだスポットに周囲のガスを分散させ、はんだがパッドに入りやすくします。


ピーク溶接の組成原理

現在使用されているピーク溶接機の平波は、ピークの主ピークを短縮し、副ピークを延長するために使用されている. ピークが非常に広いのが特徴です, T波とも呼ばれています, 図のように. 当 プリント配線板Tピークを横切る, 半田濡れプリント基板の半田付け領域, ようせつてん. ためらいはんだピークは非常に広い, かつ溶接時間を保証することができる. はんだ表面張力は、余分なはんだをピーク表面に完全に引き戻すのに十分な時間がある, ブリッジ現象の低減. 一部のピーク溶接機では, ピークの後ろには熱風ナイフが取り付けられている. 高温熱風は溶接点のブリッジを効果的に除去し、部品の熱応力を低減することができる. ピーク溶接後、PCBは急速に冷却領域に入る/ホットエアナイフ. その時, ピーク溶接機に冷却ファンを取り付け、PCBの冷却を確保し、熱の滞留による損傷を減らす.


5.電気機械構造システム

電気及び機械構造システムは上記システムの有効運行の保証である. 高性能ピーク溶接機の動作が安定している, 定量的制御と高精度. 例えば, 予熱温度とスズタンク温度は±1℃に達することができる. さらに, レール幅, 傾向, スズ波における溶接点の深さと滞留時間は定量的に制御できる. ピーク溶接機, マスタは溶接システム, それは, 溶接波とPCB接触局, 残りは補助局, しかし、ピーク溶接機は一体である, そして補助ステーションは PCBボード.